シミってターンオーバーを整えたら改善できるの?

鏡の前に立った瞬間にわかってしまうシミ、鏡に顔を近づけてよくよく見たら見つけたシミ、シミって一言では片づけられない、発見した時のあの悲しさ。

シミを改善させるにはターンオーバーを利用するということはよく聞きますが、実際には、どれほど短期間に改善するんだろうと思ってしまいます。

ターンオーバーの仕組みを理解して、一日でも早くシミを改善したいですね。

でも待ってください。

ターンオーバーって魔法の言葉のように聞こえますが、実はそれほど単純ではないのです。

シミってターンオーバーを整えたら改善できるの?

2016-04-07_153430シミの原因は、肌の中にシミのもととなる茶色い色素「メラニン」ができてしまうから。

メラニンが肌の上にのこってしまうのが、シミです。

そのため、肌の新陳代謝であるターンオーバーをしっかり行うことで、メラニンを古い肌と一緒にはぎ取ってしまうとシミは、薄くなり、最後にはなくなってしまいます。

ですから、シミの改善の最初にでてくるのが、ターンオーバーを整えることなのです。

ですが、残念なことに、世の中そんなに甘くないのです。シミには、いくつかの種類があり、それぞれにシミの改善策が違っているからです。

ターンオーバーで改善できないシミもある

では、どのような種類のシミがあるのでしょう。まずは、おじいちゃんおばあちゃんの顔に見られる老人性色素斑です。

これは、加齢が原因のシミで、両方の頬のあたりにできてきます。次に肝斑です。最近テレビでCMが流れたことで肝斑という言葉が一般的になりました。

おでこや目の下、口の周りなどにできます。テレビCMでは、老人性色素斑と一緒に頬骨あたりにできるイメージがありますが、それだけではないのです。

そして、そばかす。

そばかすもシミの一つです。どちらかと言えば、遺伝的な要素もありますが、若いころのシミの多くは、そばかすですね。

さて、関単に挙げただけでも、これだけあります。この中で、ターンオーバーが効くのはどれでしょう。

健康的な肌になれば治るシミ

ターンオーバーで効果が高いのが、肝斑です。肝斑は、ターンオーバーに乱れがあるときに、出てくるシミです。

ですから、ターンオーバーをきちんと行うことで、シミは、薄くなってきます。年を取るにつれ、私たちの生活は、どうしても不規則になり、睡眠不足やストレスなどのトラブルを肌に与えてしまいます。

その結果、肌が規則正しいターンオーバーを行いづらくなります。シミが気になりだしたら、まずターンオーバーを整えることでシミの改善ができるのです。

ターンオーバーが追いつかない加齢によるシミ

ターンオーバーでは改善できないシミの代表が老人性色素斑です。実は、改善できていない訳ではありません。

本来は、ターンオーバーで改善しているのですが、改善していくスピードの比べ、メラニンが生成され蓄積されるスピードが増してしまい、ターンオーバーがおいつきません。

そのため、シミの改善がみられないと感じるのです。

ターンオーバーに頼りすぎるのはダメ!!その他の美白ケアも大事!!

とはいえ、ターンオーバーの乱れが起きなければ、ある程度のシミは改善されます。しかし、ターンオーバーがんばれとばかりいっても仕方ありません。

少しでもターンオーバーの効果を上げるための応援が必要です。それが、美白ケアです。

特に、保湿ケアは、ターンオーバーの乱れの原因になりやすい乾燥への対策ですので、とても大切な応援団です。

紫外線を浴びる夏に比べ、冬の方が、シミケアには最適です。ですがそこで問題は、乾燥です。冬ならではの乾燥は、肌を傷めてしまいます。

乾燥に対して保湿ケアをしっかりと行うことで、肌を白くさせることができます。これが美白ケアの第一歩なのです。

参考記事>>シミやそばかすを見つけた時が、美白ケアのスタートの時?

ターンオーバーを整えるのと同時にピーリングで効果UP

ターンオーバーをより促進させる方法の一つが、ピーリングです。ピーリングとは、肌にフルーツ酸などを塗って、古くなった角質を強制的にはがすことを言います。

なかなか、うまくターンオーバーできないときには、外から力を貸すと言うことになりますね。

家庭で行うピーリングは、ピーリング効果のある石鹸などを使います。皮膚科などで行われるピーリングは、ケミカルピーリングと呼ばれ、比較的濃度の濃い酸を使います。

どちらも、ピーリングの後で、しっかりと保湿をすることが大切です。

どちらも酸の力で肌の表皮の一部を溶かすことになりますので、そのあとは、紫外線などの刺激がダイレクトに肌につきささります。

しっかりと、紫外線対策と保湿をしましょう。

参考記事>>肌色のムラはこう治す!自宅で簡単にケミカルピーリングする方法とは?

なかなかシミが薄くならなかったらレーザー治療を試すしかない

シミのメラニンがはがれていくのを待つことでシミは次第に薄くなってきます。

それを待てない、あるいはターンオーバーでなかなかシミが薄くならないという人は、レーザー治療という方法があります。

レーザー治療と言っても、様々な方法や種類があります。それほど日々進化をつづけているのが、レーザー治療です。

特に大きくて目だつシミを、思い切ってとってしまいたい時には、病院に行って、シミを取る施術を相談するというのもひとつの方法です。

ただ、施術後、すぐに真っ白のきれいな肌になるわけではありません。慎重に判断することが大切です。

まとめ

さて、いかがでしたか?

シミが今気になる方は、いろいろと調べてみるのもいいですが、まずは、健康的な生活を心がけることから始めませんか。

食事は野菜中心にしてバランスよく食べ、睡眠を十分にとる。

ターンオーバーを促すためにも、成長ホルモンのでる22時~翌2時までのゴールデンタイムは、しっかりと寝ているようにしましょう。

それだけでも、ターンオーバーが追いつけないシミが減っていくはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す