シミ対策

黒いシミができる理由とそのかゆみの対処方法

顔に出来たシミがかゆい…!

シミが出来ただけでもショックなのに、かゆみを伴うと一日中憂鬱ですよね。

しかし、もともとあったシミが突然かゆくなってしまうことは少なくはなく、40代以降は特に発症しやすいと言われています。

シミにかゆみを感じたら要注意!一時的な物だろうと放っておくと、悪化して手術が必要になってしまったり、実は皮膚がんだった!なんというケースもあるんです。

一体何が原因なのでしょうか。知っておくべきシミのかゆみと対処法をまとめてみました。

>>シミを治す化粧品ランキングはこちら

シミがかゆくなる原因って何?

2016-04-29_133207シミがかゆくなる主な原因として、乾燥と脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)が考えられます。

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

乾燥

肌は乾燥すると、肌の水分量を保つ役割を担う表皮の角質層の構造が崩れてしまいます。するとバリア機能が低下し、外からの刺激に弱い状態になります。

普段は何ともなかった刺激にも敏感に反応するようになってしまい、かゆみや痛みなどの炎症を引き起こしてしまうのです。

この時に、肌が乾燥しているからといって化粧水をたくさんつけたりパックをしてしまうと刺激となり、かえって症状を悪化させてしまうこともあるので要注意!

かゆみがでるということはお肌が弱っているサインです。出来るだけお肌に刺激を与えないようにして、回復を待つことが大切です。

>>シミを治す化粧品ランキングはこちら

脂漏性角化症

紫外線の蓄積などによってできた老人性色素斑が脂漏性角化症に変化して、かゆみを引き起こす場合があります。

老人性色素斑とは、紫外線を浴び続けることで作られたメラミン色素が排出しきれずに肌に沈着してしまうことでできるシミのこと。

適切なスキンケアをせずに、この老人性色素斑を放置してしまうと、皮膚が盛り上がったりかゆみを伴ったりして、脂漏性角化症を引き起こしてしまうことがあります。

黒いシミがかゆくなるのは脂漏性角化症の可能性が高い

黒いシミである老人性色素斑にかゆみを感じだしたら、脂漏性角化症をまず疑いましょう!皮膚が少し盛り上がってきたり、表面が少しザラザラしてくることもあります。

しかし、これと似た症状にメラノーマと呼ばれる皮膚がんもあるので注意が必要です。これは悪性黒色腫という悪性な皮膚がんの一種で、進行が早いため発見が遅れると大変なことになりかねません。

他にも日光角化症という皮膚がんの前の段階の病変も、似たような症状が現れます。この日光角化症えお放置しておくと、他の細胞へ移行する可能性もあり適切な治療が必要です。

シミにかゆみがでた場合、脂漏性角化症である可能性が高いですが、気になる場合は自己判断して誤った治療を始めてしまう前に、まずは皮膚科を受診し医師に相談しましょう。

脂漏性角化症って何?

脂漏性角化症は別名を老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、老人性いぼとも呼ばれる皮膚の良性腫瘍の一つです。

良性のため、すぐに取り除く必要はありませんが、自然に消えることはありません。

症状が進むと、かゆみが出始めたり皮膚が盛り上がったり、指で触るとぽろぽろとはがれ落ちて来ることもあります。

さらに、徐々に大きくなっていくこともあるので、早めの対処したほうが良いでしょう。

脂漏性角化症の一番の原因は加齢と遺伝的な要因です。

40代以降から出来はじめると言われていますが、最近では20代でもこの脂漏性角化症に悩まされている女性も多いそうです。

また、過度のストレスやホルモンバランスの乱れ、紫外線や摩擦などの外部からの刺激をきっかけに発症することもあるそう。日々の体調管理やスキンケアが一番の予防策です。

脂漏性角化症の治し方

脂漏性角化症の主な治療法はレーザー治療や冷凍療法で、皮膚科や美容外科で治療が出来ます。大きくなり過ぎた腫瘍には、手術が必要なケースもあります。

>>シミを治す化粧品ランキングはこちら

レーザー治療

顔に出来てしまった脂漏性角化症には、レーザー治療が有効とされています。

レーザーを照射して腫瘍を切除する方法ですが、保険が適応されず、しばらくの間傷跡が残ってしまうのが難点。傷跡は時間とともに自然と消えていき、きれいなお肌にもどります。

凍結療法

液体窒素を用いて患部を凍結させる方法です。

治療後は一週間ほどかけて、かさぶたのように腫瘍が剥がれ落ちていきます。この治療を数回繰り返しながら取り除いていくため、時間はかかりますがコストも低く、安全な治療法です。

まとめ

脂漏性角化症は、すでに出来てしまったシミが変化したもの。

紫外線対策やスキンケアをしっかりとして、シミを作らないように心がけるのはもちろん、すでに出来てしまったシミも脂漏性角化症に発展させないようにすることが大切です。

良性の皮膚腫瘍ですが、対処が早ければ早いほど治療も早くすみ、きれいなお肌を取り戻すことが出来ます。

いつまでも美しいお肌を試すためにも、少しでもシミにかゆみを感じたら、放置せずに早めに皮膚科を受診して治療を始めるようにしましょう!

>>シミを治す化粧品ランキングはこちら