やけど跡を残さないためには最初の対応が大切!!って知ってた?

「あちっ!」その瞬間にやけどしています。

どんなに軽く触っただけ、どんなに短時間触っただけと思っても、「あちっ!」という言葉が出た瞬間、絶対やけどしていると思うんですよ。

もちろん、そんなことを言ってはいられないくらいのやけどをしてしまうこともあります。

軽いやけどであれ、重症であれ、とにもかくにもやけどに対しては、最初の初動処置が後々大きく影響しちゃいますよね。

やけどをしてしまったらまずは綺麗な水で洗浄

2015-11-23_080603

だれもがやることですが、やけどと言えば、とにかく水で冷やす。というか、流水を患部に当てようとしますね。

まず、やけどの表面を洗うような気持ちで、弱い流水を当てるか、洗面器にためた水につけるかします。

肌の表面がすでに弱ってしまっているので、ここに強い流水を当ててしまうと、肌が剥けてしまいますので、それだけはしないでくださいね。

さらに雑菌がついている場合も考えられるので、直接なにかをあてるのもやめたほうがいいです。

例えば、熱かったからといってすぐに氷を直接あてるとか、民間療法で知られるアロエをつけたりするのは、まずはやめた方がよさそうですよ。

患部をきれいな水をあてて洗い流し、それから冷やしていきましょう。

清潔なタオルでやけどした部分を冷やす

冷やすときに注意するのが、どの程度のやけどかということです。思った以上に流水の勢いは強いものです。

やけどしたときには、その痛みでかんじないかもしれませんが、そのままの勢いの良い水で長く患部に当てるのは良策ではありませんね。

また、氷で直接冷やすのも考えものです。刺激が強すぎる可能性があります。

そこでおすすめなのが、タオルを使ってやけどした部分をやさしく冷やすことです。

やさしくです。やけどがひどい時には、水膨れなどになってしまうので、その時には、水膨れがつぶれないように細心の注意を払うことがとっても大事ですよ。

直接触るとやばそうであれば、周りから冷やしていくだけでも違います。焦らずやさしくやさしくやりましょう。

軽いやけどでも迷わずに病院に行く

やけどは自分が思っている以上に、肌細胞を壊しています。

ちょっとさわっただけだから、大丈夫と高をくくっていると、やけど跡になって、消すのに時間をかけなければならなくなります。

軽いやけどであっても、冷やしたあとは、迷わず病院に行くようにしましょう。病院にいくときに注意することがあります。

良く見る風景が、やけどの表面に触らないようにと、包帯をまいて表面を防御してからというものです。

これは、ダメですよ。巻いた包帯が強すぎると圧迫してしまいますし、そもそも包帯で、表面にダメージを与えてしまいます。

肌に包帯がついてしまうと、とるときにさらに肌にダメージをあたえてしまうので、悪影響です。

気になる場合でも、ガーゼでかるく覆う感じにして、できるだけ肌に触れないようにきをつけながら病院に行きましょう。

やけど跡を残さないためには最初の6時間の勝負!!

やけど跡を残さないためには、初動が大切と話しましたが、その際に重要なのがやけどの度合いを知ることです。

一番軽いのが、1度のやけどで、日焼けと同等です。日焼けもやけどですよ。

肌の表皮のみがダメージを受け、ヒリヒリして赤くなる、あれです。しっかりと冷やしてあげるとほとんどやけど跡が残ることはありません。

2度のやけどになると、真皮上層まで、やけどが達しています。痛いだけでなくて、よく見ると水ぶくれもぽちぽちと出ています。

これは、ケアの仕方が悪いとやけど跡ができてしまうパターンです。同じ2度でも痛みはそんなにないのに、水ぶくれの下の皮膚が白くなっているという場合もあります。これは、やけど跡になりやすいので、しっかりと冷やして、即病院ですよ。

2度のやけどは、かなり高温で、じゅっときたときにおきます。アイロンとかね。最近は、ヘアアイロンでやけどする人がふえていますので、要注意ですよ。

3度のやけどになるとこれはもう、やけどしたではすまない状況です。すぐに病院にいかないと、ケロイドが残ったり、下手をすると機能障害が起きる場合があります。

これらのやけどは、軽くても重くても最初の6時間でどれくらい、度合いにあった処置をするかによって、やけど跡の重症さも変わってきます。

最初の数分でやること、病院に行くまでにやること、落ち着いてやれば絶対大丈夫ですよ。

まとめ

やけど跡は、たとえ残ったとしても消す方法はいろいろありますけど、やけど跡がないに越したことはないですよね。

よく、洋服の上からやけどして、服を脱ごうとしてやけどがひどくなったという話を聞きます。洋服の上から冷やすことが先決です。

このように間違った順番や方法でやけどの処置をしてしまうとやけど跡になってしまうんですよ。

だからこそ、やけどをしたら落ち着いて対応しましょう。

最後に、軽いやけどとたかをくくるのも、後でやけど跡に泣くことになりかねませんから、軽くてもちゃんと処置をしてもらうようにしましょうね。

>>やけど跡による色素沈着を治す為にはどうしたらいいの?

スポンサーリンク

コメントを残す