耳慣れない肝斑治療薬~トレチノインとハイドロキノンを徹底解剖!

30代~40代の女性が悩まされる肝斑。

肝斑は、紫外線などの刺激が原因でできる他のシミとは違い、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされるので、きちんとスキンケアをしている人にも出来てしまうことがあります。

さらに、一度出来てしまうとなかなか治らないのが、この肝斑の厄介なところ…。

治りにくいシミとは良く聞くけれど、実際にどんな治療法があって、治るまでにはどのくらいかかるのでしょうか?

肝斑の治療法には、ケミカルピーリングやレーザー療法、内服薬や外用薬がありますが、今のところ一番効果が高いとされているのがトレチノインとハイドロキノンという2種類の薬を併用する治療法だとされています。

成分や効果は?副作用はあるの?聞き慣れない治療薬に不安を感じる人も多いはず。

そこで今回は、トレチノインとハイドロキノンについて詳しくご紹介します。

肝斑にハイドロキノンやトレチノインは効果あるの?

2015-01-05_060513

ハイドロキノンの効果

お肌の漂白剤とも呼ばれ、シミの治療に使われるハイドロキノンには、2つの強力な美白作用があります。

まず1つ目はメラニンを合成させる酵素であるチロジナーゼが生成を抑制すること。

メラニンはシミのもとになる色素で、この色素の生成を抑えることで、新たなシミが出来るのを防いでくれます。

もう1つの効果は、メラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞を減少させること。

メラノサイトとは、皮膚の一番奥にある色素細胞のことで、紫外線などの刺激を受けるとメラニン色素をつくります。

ハイドロキノンはシミの原因であるメラミン色素を減らし、さらに予防もすることでシミの原因を断ってくれる優れものなんです。

しかし、強力な美白作用をもつ反面、刺激の強い薬でもあります。

安全の為、皮膚科受診をし、お医者さんに聞いてから処方してもらうと良いでしょう。

薬局でも手に入れることはできますが、安易な個人判断は危険です。

トレチノインの役割

ハイドロキノンがシミに直接作用する直接型なら、トレチノインはシミを含めた肌全体のターンオーバーを促す間接型です。

人はもともと、傷ついた自分の皮膚を再生させる能力を持っています。

皮膚は付箋のようにいくつもの層からできており、だいたい28日周期で古いものから勝手に剥がれるようになっています。

これをターンオーバーといいます。

トレチノンは表皮の細胞の発生を促してお肌の新陳代謝を活発にし、表皮の深い層にできてしまったシミのもとであるメラミン色素を押し上げて角質として排出します。

トレチノインの力でお肌の代謝がよくなると、美白効果だけではなく、お肌にハリや潤い、ニキビが改善することも!

しかしターンオーバーが活発になりすぎると、肌がぼそぼそ剥けてきだしたり、赤みやかゆみが出てしまうこともあります。このような症状はお肌が炎症を起こしているサインです。

お肌を外部から守ろうとメラニンが生成され、色素沈着が起りやすい状態に…こうなってしまっては逆効果!

このような症状が見られた場合は、使用を中止し皮膚科の医師に相談するようにしましょう。

トラネキサム酸・ビタミンcを同時に服用すると効果が上がる

ハイドロキノンやトレチノインのような、強力な治療薬をつかっても、完治までに時間がかかるのが肝斑の難点。

お肌のトラブルは、それだけで憂鬱…できるだけ早く治したいですよね!

もっと治療の効果を上げる方法はないのでしょうか?

そんな時に頼りになるのがトラネキサム酸

もともとは、止血剤や抗炎症剤として処方されていたアミノ酸ですが、炎症によるメラニンの発生を抑える作用もあることがわかり、肝斑の治療にも使われるようになりました。

紫外線などの外部の刺激をうけると、プラスミンという物質が「メラニンを作れ」という信号を出します。

トラネキサム酸は、このプラスミンの働きをブロック!メラミンを作り出す前の段階で、肝斑の発生を食い止めてくれるんです。

トラネキサム酸は副作用が少なく安全性の高いことから、市販の美白化粧品などにも配合されている注目の成分なんです。

さらに、メラニンを還元する作用をもつビタミンcと併用することで、トラネキサム酸はより高い効果を発揮します。

副作用に耐えられずにやめてしまう人が多い

肝斑の治療は、お肌のターンオーバーを促すもの。

そのため、治療の途中でお肌に赤みやかゆみが出てしまったり、表面がカサカサしたり皮が剥けたり、一時的な副作用があります。

治療に使われる薬も強力な美白作用をもつために、人によってはお肌に炎症を起こしてしまうこともあるんです。

副作用は一時的なもの

このような症状はお肌が生まれ変わる際の一時的なもので、治療薬を使い続けているうちに徐々に治まっていきます。

とはいっても、お肌のかゆみやカサカサは想像以上に辛い物…かゆいお肌の上にメイクも出来ないし、皮膚が向けている自分の顔を見るたびに暗い気持ちになってしまいますよね。

お肌のターンオーバーによる、これらの一時的な副作用を乗り越えられずに挫折してしまう人も少なくないようです。

挫折しそうになった時は…

健康保険は適応されませんが、レーザートーニングなどの別の治療法もあるので、途中で投げ出さずに皮膚科の医師に相談しましょう。

まとめ

ハイドロキノンやトレチノインはとても有効な治療薬ですが、正しく使用しないと副作用を引き起こしたり、シミを濃くしてしまうこともあります。

最近では、肝斑の治療薬をドラッグストアでも良く目にするようになりましたが、皮膚科の処方薬の方が効果も高くコストも抑えられるので、時間のある方は皮膚科の受診がおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す