日焼け跡を残さないためのアフターケア方法

日焼けは、文字の通り日に焼けると言う事です。太陽の光りが熱になります。

その熱が皮膚を焼いてしまいます。ちょうど フライパンの中で焼かれる食材みたいな原理です。

例えば 油分の多い ウィンナーみたいな食材は、フライパンの中で ジュワーっと焼ける感じと似てます。油分が多いほど早く焼けてすぐに焦げてしまします。それと似た状況が、皮膚に起こってます。

日焼けとは、フライパンの中で焼かれた食材みたいに焼ける事です。

皮膚からしたら火傷を負ってる事になります。火傷をした時の処置やケアをするのが望ましいと言えます。

火傷ですので冷却するのが一番です。

お風呂に入る時には、熱いお湯に入るより冷水風呂に入るのが良いです。少なくても日焼けをした所を部分的に冷水のシャワーで冷やすのも良いです。

アイスノンや 氷を入れた袋をタオルに巻いて冷やすのも良いです。

日焼け直後は、美容液等の化粧品を使用せず ひたすら冷やす事に専念するのが良いです。特に日焼けした当日は、炎症が悪化しない様に 熱いお湯のお風呂も控えた方が良いです。

スポンサーリンク



日焼けして皮がむけるとシミになるってホント?

2016-04-06_200713

日焼けをして皮がめくれるのは、その部分の皮膚の水分が失われて蒸発してます。めくれた皮は、死滅した細胞です。

皮がめくれても人間の細胞は、再生しようと言う作用が強いですので皮がすぐにはり新しい皮膚をすぐに作ります。

新しい皮膚が完全に再生しないうちに皮をめくりますと新しい皮膚までめくれます。

新しい皮膚を剥がしてしまうとまた新たな新しい皮膚を作ります。自然とめくれた皮を触らず新しい皮膚が完全に再生するまで待っておきますと シミにはなりません。

新しく再生した皮膚を剥がしてしまうのでシミになります。新しく再生した皮膚を何度も剥がせば剥がすほど色素沈着をしてシミが出やすくなります。

洗顔をする時も 無意識にこすってしまいますと皮を剥がしてしまいます。洗顔をする時には、手で洗うのではなく洗顔料の泡の粒を転がす感じで洗うと皮がめくれずに洗えます。

日焼け後の赤くなった肌を早く白くする方法

日焼けで赤くなってる部分は、紫外線による炎症です。

まずは、日焼けをしてから三日間ぐらい冷やしてから保湿をすると良いです。保湿は、お手持ちの物や市販の化粧品等で良いです。

より一層早く美白を目指したいならレモンや グレープフルーツ等の柑橘類のフルーツ酸の入った保湿剤を使うと良いです。

特にレモンから摂取しましたビタミンCが入ってます化粧水等の保湿剤は、美白に優れてます。

レモンから摂取しましたビタミンCが入った化粧水等の保湿剤を水に濡らしたカット綿につけて美白をしたい部分に置いてパックをします。

忙しい人は、寝る前に紙テープで 美容液を浸透させたカット綿を留めると良いです。

日焼け後のイライラする痛みを抑える方法

日焼け後の痛みは、火傷の痛みです。赤くなった炎症は、紫外線で焼けた炎症です。黒くなった炎症は、赤くなった炎症を越えて 焦げに近い炎症です。

痛さの度合いによりますが、我慢できない痛みなら皮膚科の受診をお勧めします。皮膚科での治療は、消炎鎮痛剤や 皮を早く再生する薬を処方されるのが一般的です。

観葉植物のアロエの汁もアロインと言う美白成分が有りますので火傷や美白に良いです。アロエの汁が肌に合わない人もいますので肌に合うなら アロエを活用するのも良いです。

日焼けをした部分に アロエの汁を直接塗るのも皮膚の再生を早めて良いです。観葉植物のアロエを適量潰すか、アロエに切り込みを入れてお風呂に入れてアロエ風呂に入るのも良いです。

接客業だから困る!!日焼けをなんとかうまく隠すメイクテクニック

日焼けをした肌は、しばらくは油分が多く入ったファンデーション等の化粧品を塗らない方が良い人もしれません。

万が一 油分が多いファンデーション等を使いますと更に日焼けをする可能性も有ります。

どうしてもサービス業や 接客業でメイクをしないとならない方もいらっしゃると思います。そういう方は、ファンデーションを塗らずに日焼けをした色の肌を活かすのが良いです。

日焼けをする前からお手持ちのファンデーションを塗りますと顔だけ浮いてしまいます。

メイクをするならファンデーションを塗らずに 日焼けが気になる部分にコンシーラーを塗ると良いです。

アイシャドーは、濃い色やゴールドが映えます。口紅は、赤等の濃い色が似合います。チークも濃いめの色を遣うと メイクが映えます。

更にオシャレを楽しみたい人は、ラメを額や 目の周りや チークの上から塗っても映えます。少し長めのピアスや イヤリングをすると更に見映えがします。

日焼けをした時のメイクは、皮が再生するまでファンデーションを塗らずに明るい濃い色が ポイントです。

まとめ

エステサロンでは、日焼けをしたお客様から日焼けの跡が残らず美白を目指したいと言う要望が多いです。

エステサロンでの日焼けをしたお客様へのケアを紹介したいと思います。

お客様のお肌が完全に皮が再生できてるか確認します。完全に再生できてない方には、新たに再生しつつある皮膚を剥がしてシミやくすみにならない為にも後日来て頂きます。

まずお客様のお肌を泡の粒子を転がす感じで洗います。エステティシャンの手とお客様のお肌が摩擦起きない様に泡をクッションになる様に洗います。

次にフルーツ酸からできたビタミンCの保湿作用の強い化粧水をイオン化する機械を使ってお肌の内部まで浸透させます。

お顔のマッサージをしてから死海の泥パックや海藻系のパックや海にちなんだパックをするエステサロンが多いです。

これは、海水の塩が お肌の細胞の働きを活性化するからです。パックをした上から冷たいタオルを載せてパックを浸透するまで15分ぐらい待ちます。

皮が自然とめくれる以外触らず新たな皮膚が再生できるまで冷却をする事に専念して新たな皮膚が再生してから保湿に専念すると跡が残らず 美白を目指す事ができます。

エステサロンでは、お肌に塗るだけではなく日焼けをしたお客様にレモンやアーモンド等の ビタミンをよく摂取する様にアドバイスもします。

食生活からも日焼けの完治の度合いも変わります。バランス良い食生活も大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す