私ってもしかして敏感肌…?その原因とは?

いつもの化粧水がしみる…なんだかお肌がピリピリ痛い…これって敏感肌?

ある日突然敏感肌になってしまった!ということは、意外と良くあることなんです。

今までお肌トラブルと無縁だった人も、なんらかの原因で急に肌質が変わってしまうことがあります。

一体なんで?

実は、毎日の生活習慣や間違ったスキンケアが大きく関係しているんです。

スポンサーリンク



敏感肌とは?

2016-04-29_132719

敏感肌とは、外からの刺激を防いだり、水分や油分を保つ働きをするバリア機能が弱ってしまったお肌のことです。

肌のバリア機能が弱ってしまうと、外からの刺激が表皮の深いところにまで届いてしまうため、ちょっとした刺激にも反応してしまう弱いお肌になってしまうんです。

水分と油分のコントロールも上手く出来なくなるために、パサパサお肌に…。

一度敏感肌になってしまうと、健康的なお肌をとり戻るのはなかなか難しく、スキンケアも大変!

辛い敏感肌を招いてしまう要因を知って、しっかり予防しましょう。

すでに敏感肌にお悩みの方は、その原因によって適切なスキンケアが違うので、きちんと原因を理解しておくことがとっても重要です!

敏感肌の原因について詳しく見ていきましょう。

環境・体内によるもの

紫外線

紫外線を浴びると、お肌を守るために表皮の角質層が固くなり、新陳代謝を悪くしてしまいます。

肌は新陳代謝によって脱皮していくようにきれいになっていく為、それができないとあちこちが汚れた皮膚のままになってしまいます。

そうすると、古い角質がお肌の表面に置き去りのままにされてしまうため、くすんで見えてしまう原因にもなるんです。

さらに紫外線のダメージを受けすぎると、お肌にとって大事な存在である皮脂も、酸化してしまい刺激物に変化!

赤みやヒリヒリなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

また、角質層が崩れてしまったお肌はバリア機能が低下して、さらに紫外線のダメージを受けやすい状態に…しっかり紫外線対策や保湿ケアをしないと、この悪循環に陥ってしまう可能性があります。

不規則な生活

睡眠不足や偏った食生活などの不規則な生活習慣が原因で、敏感肌になってしまうことがあります。

なかでも一番お肌にダメージを与えるのが睡眠不足!

睡眠時間が短くなると、お肌の代謝や機能を調整する成長ホルモンが十分に分泌されず、お肌のバリア機能が低下してしまいます。

また、睡眠不足は自律神経を乱して血行不良を引き起こします。体の隅々まで血流が回らず、お肌も栄養不足の状態になってしまうんです。

健康的なお肌のためには、十分な睡眠が必要不可欠!

なかなか時間が取れないという方は、就寝1時間前までにお風呂をすませたり、ベッドにスマホを持ち込まないなど、睡眠の質を高める努力をしてみてください。

食事は体の内側からのスキンケア。

外からのケアをどんなに頑張っても、偏った食事によって栄養不足になってしまったお肌には効きません!

ファーストフードや菓子パンだけ、なんていう不摂生を続けていると、お肌の将来はボロボロかもしれません…。

バランスのとれた3回の食事が大事です。特に美肌効果があるビタミンAやビタミンC、新しい皮膚を作る原料となるタンパク質などを意識的に多めにとるようにすれば、お肌は瞬く間にに変わっていきます。

アレルギーによるもの

花粉やアレルギーが敏感肌の原因になる場合もあります。

アレルギー体質の方は、もともと刺激に反応しやすく、お肌が弱い傾向があります。

体調が悪い時など、体の免疫機能が弱っている時に、アレルギーが原因で敏感肌を引き起こしてしまうことがあるんです。

季節の変わり目や花粉の多い時期は要注意!!

季節の変わり目は、ホルモンバランスが乱れやすく、お肌は外部からの刺激を受けやすい敏感な状態。

規則正しい生活を心がけたり、いつも以上に丁寧にケアをしたりして、お肌を守りましょう。

アレルギーが原因の敏感肌の場合、間違ったケアで湿疹や腫れなどの辛い症状が出てしまう事があります。

気になる場合は、一度皮膚科を受診して医師に相談するようにしましょう。

後天的なもの

ティッシュなどで肌をこする

お肌をこすることは、外からの刺激からお肌を守る角質層を傷つけているのと同じこと。

これが習慣化すると、いつまでたっても丈夫な角質層が作られず、ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌になってしまうんです。

お肌には余計な刺激を与えないことが重要です!

アルカリ度の高い化粧品を使っている

アルカリ度の高い化粧品は、お肌にとって大きな刺激です!

使い続けているとお肌が敏感になり、ピリピリと痛みやかゆみが出てしまう事も多いんです。

そんな辛い敏感肌を引き起こす前に、弱酸性のものに切り替えるのをおすすめします。

スクラブ入りの洗顔料を使っていた

お肌に必要な皮脂までごっそり取り去ってしまうスクラブ入りの洗顔は、実はお肌にとって大きな負担なんです。

スッキリして気持ちがいいと愛用している人は要注意!刺激を最小限に抑える事がスキンケアの基本です。

タンパク質分解酵素入りの洗顔料を使っていた

お肌にやさしいイメージのあるタンパク質分解酵素入りの洗顔料も、実は洗浄力がとても高く、必要な皮脂や角質まで取り除いてしまうんです。

お肌本来の機能を乱してしまい、敏感肌を引き起こしてしまう事も…!使い過ぎには要注意。特別なケアとして使用しましょう。

まとめ

様々な原因から引き起こされる敏感肌。

お肌を健やかに保つためには、なるべくお肌に負担をかけないようにすること、生活習慣をただす事です。

これを機に、今のスキンケアや食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

少しの努力が、将来のお肌に大きく影響しますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す