脂性肌ってどんな肌?特徴は?最近顔が脂でいつもテカテカしている…

最近、お肌の調子はいかがですか?

「なんだか今までより、顔がテカテカしている」とか、「触るとベタベタしている」という人は、もしかしたら脂性になってしまったのかもしれません!

スポンサーリンク



皮脂の量が多くなってしまう理由

2016-06-08_231253

脂性になってしまった原因を一つ一つ見ていきましょう!

ホルモンバランスの乱れ

原因のひとつはホルモンバランスの乱れです。

テストステロンやアンドロといったホルモンが増えてしまうと、今までの肌の調整バランスが崩れて皮脂がたくさん作られてしまうことがあります。

ホルモンの分泌状況は、年齢とともに変わります。思春期に急に脂性肌になる事も多く、女性の場合は更年期にも脂性肌になりやすいのです。

睡眠不足とストレス

皮脂の分泌を抑える女性ホルモンに対し、皮脂を増やす働きをするのが男性ホルモンのテストステロンやアンドロなどです。

この男性ホルモンは、特に体にストレスがかかった時や睡眠不足の時に多く分泌され、脂性肌になりやすくなります。

また、ストレスは自律神経のバランスを崩すこともあり、それが視床下部に影響を与えてホルモンの分泌量に誤作動を起こさせ、皮脂が過剰に排出することもあります。

睡眠不足

睡眠中は副交感神経が優勢になります。一方、起きている時は、交感神経が優位になります。

睡眠不足になると交感神経ばかりが優勢になるため、皮脂腺が活発になり皮脂量が増えるのです。

ですから、睡眠不足になると皮脂が過剰に分泌されるというわけです。

このように、ストレスや睡眠不足は身体のメカニズムを乱してしまいます。

ストレスや睡眠不足は、美容面のみでなく鬱や心身症などの心の病にもなりやすいです。それぐらいストレスや睡眠不足は、心身に悪影響及ぼすのです。

難しいお話が続きましたが、ストレスや睡眠不足はお肌の大敵!というのには、こういう理由があったんですね。

食事

欧米人は、乳製品や肉食などの脂質の高い食事が大好きです。ですから、脂性肌の人が多いですよね。

欧米人のようにバターやラードなどの動物性のタンパク質や脂質ばかり摂っていると、皮脂腺が大きくなります。

和食を好む人と洋食を好む人では、皮脂の量が全然違うんですね!

お米ももちろんですが、炭水化物などの糖質の摂りすぎでも、皮脂の量は増えます。

また、美容のためには鶏肉が良いと言われますが、それは、鶏肉にはビタミンBが多くビタミンBが糖質を分解してくれるからなのです。

もちろん、野菜にもビタミンBが多く含まれています。野菜中心の生活や、肉なら鶏肉を選ぶ、そんな食生活が皮脂の分泌量をおさえてくれるのです。

炭水化物を含む糖質は体の中でエネルギーに変わりますが、エネルギーに変換されなかった糖質は中性脂肪になってしまいます。

この中性脂肪は、主に腹部の皮下脂肪になったり、皮脂として顔に浮いたりするのです。

余分な糖質は、美容の大敵ですね!

間違ったスキンケア

肌が油っぽくなると、皮脂を取り除こうとする人が多いと思います。

でも、その皮脂は、実は細菌などからお肌を守ってくれるものでもあるのを知っていましたか?

ですから、皮脂を取りすぎると皮膚は自分を守ろうとして、新たに皮脂を出そうとします。その結果、どんどん皮脂が出てきてしまうんです。

また、皮脂が過剰に分泌すると、毛穴が開いて肌の水分が蒸発して乾燥肌になってしまいます。

ですから、お肌に合った洗顔料で優しく洗うのが一番なんですよ。

脂性になるのを予防する方法は?

では、脂性になるのを予防するためには、どうしたらよいのでしょうか?

ストレスや睡眠不足を解消する

ストレスの原因を取り除いたり、毎日睡眠をしっかり取ったりしてストレスや睡眠不足を解消するのが、顔のテカりを予防する良い方法です。

ストレスを溜めないように適度な運動をするのもおすすめです。

他にも、マッサージを受けたりエステに行ったり、お気に入りのアロマの香りでリフレッシュするなど、「これがあればストレスは一気になくなるわ!」という方法を見つけてみてください。そうすれば、きっとストレスは解消されます。

睡眠は、夜の10時から明け方の2時までに特にしっかり摂ることをおすすめします。

この時間帯は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンがたくさん分泌される時間なのです。

この時間を逃さずに質の良い眠りを摂ることで、しっかり疲れを摂ることができるのです。

食生活の見直し

顔のテカりは、食生活が原因なことも多いですよね。油っぽい食事をできるだけ控えた方が良いです。

でも、中国の女性が、あんなに油っぽい中華料理をいくら食べても脂肪がつかないのは、なぜなのでしょう?

その秘密は、中国本場の鉄観音入りの濃い烏龍茶です。この濃い烏龍茶が、脂肪を分解してくれるわけです。

中国本場の食生活を参考にしてみるのも、良いかもしれませんね!

肌に合ったスキンケア

自分の肌に合った基礎化粧品を見つけて、優しくケアしてあげてください。

肌をごしごしこすったり、肌に合わないピリピリする化粧品を使っている人は、要注意ですよ!

まとめ

肌が脂性になってしまうのを防ぐための対策には様々なものがありましたね。

毎日の生活の中で、改善した方がいいな!と思うところがあったら、どんどん改善してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す