脂性肌で顔がテカってしまう5つの原因とは?

「脂性でメイクをしてもお昼頃にはいつもおでこやほっぺがテカっちゃう。」という脂性で困っている人も多いと思います。

この脂性肌、なぜこんなにテカってしまうんでしょうか?原因と対策をお教えしちゃいます!

スポンサーリンク



脂性肌になってしまう原因とは?

脂性肌になる原因をズバリ5つ挙げてみましょう。あなたの脂性肌は、どれに当てはまるでしょうか?

食生活の悪さ

脂性肌は、食事で引き起こされることがあります。ファーストフードやインスタント食品、コンビニなどで済ませることが多くなっていませんか?

どんなに忙しくても火を通した食事を心掛けることが大切です。野菜を多目にして魚も多目に食べる食生活をするのもお肌にとって良いでしょう。

ストレス

強いストレスでも、脂性肌になりやすいのをご存知ですか?

強いストレスを感じるとホルモンバランスが乱れます。すると、お肌の皮脂を過剰に出そうとするんですね。

本人にストレスを感じているという自覚が無くても、体がストレスを敏感に感じ取っているという場合もあります。

洗顔やスキンケア方法などをいろいろ試して効果が無いのなら、ストレスが原因であることを疑ってみてくださいね。

睡眠不足

起きている時は交感神経が活発な状態になりますが、交感神経が活発になると男性ホルモンであるテストステロンやステロイドの一種のアンドロゲンが多く分泌されます。この男性ホルモンは、実は皮脂をたくさん分泌してしまうんです。

男性に脂っぽくてギラギラとした人が多いのは、このためだったんですね~。

逆に、寝ている時には副交感神経に切り替わりますので、皮脂の分泌は抑えられます。毎日睡眠を十分に取ることで体の疲れが取れてストレスがリセットされ、脂性肌の予防にもなりますよ。

自分に合っていないスキンケア

脂性肌でいくら脂が浮いているからと言って、洗顔をしすぎるのは禁物です!

こんなことが起きてしまうかもしれません。

脂性肌の人ほど熱心に洗顔する

⇒ゴシゴシこすって角質まで落としてしまう!

⇒乾燥肌になって、肌荒れが起きてしまう!

洗顔をする時は、ぬるま湯で洗うと皮脂が落ちやすいです。熱いお湯で洗うと皮脂が固まってしまい、余計取れにくくなってしまいますから、お気を付けを!

洗顔の時には、いつでも肌に優しく洗ってあげてくださいね!

親からの遺伝子

特に肌を傷つけるような環境にないのに異常に顔から脂が出てしまう人は、親から受け継いだ遺伝子のせいかもしれません。

脂性の家系の人は皮脂を出す皮脂腺が最初から他の人より発達しているので、何もしていなくてもより多く皮脂を分泌してしまうのです。

遺伝性の脂性肌なら、脂を取る洗顔料や脂性の方の化粧品を使うだけでも随分改善されます。

お風呂に入る時に、オイリー肌用のパックをして毛穴を開けて余分な皮脂を放出する、蒸しタオルをあてるといった方法で、脂性もすっきり改善するでしょう。

パックはとても気持ちがいいですから、ぜひ、おためしください。

脂取り紙で脂を取るのも良いのですが、脂を取るのが癖になると取りすぎになってしまうことがあります。

脂取り紙で脂を取るよりも、本当は内面から皮脂腺の改善を目指すのが効率的なんです。遺伝性の物なら食べ物の好みが脂性の親と似ていることも考えられます。

脂っぽい食事で育てられているならなおさら、さっぱりした野菜やフルーツ、魚中心の食生活に切り替えることをおすすめします。

顔のテカりを抑える方法

では、顔のテカりをおさえるためには、どうすればよいのでしょうか?

適度な保湿が一番!ホホバオイルもおすすめ

顔のテカりを抑えるためには、保湿が一番です。

でも、保湿のしすぎは、かえって肌から水分を奪います。保湿をしすぎず適度に保湿をするのが良いのです。

化粧品で保湿するのが一般的ですが、ホホバオイルがおすすめですよ。ホホバオイルは、皮膚への浸透性が高いですので保湿効果抜群なんです。

ぜひ、お試しあれ!

体の内側から脂性体質を変えることも重要

体の内側から水分を保持できる体質に変えることも、有効です。

烏龍茶には、脂肪を吸収する作用が有るのは有名ですよね。

烏龍茶の中でも黒烏龍茶は、特に成分が濃いですので黒烏龍茶を飲むのもおすすめです。

黒烏龍茶をお風呂に入れて入浴剤代わりにするという方法もあるんですって!

ストレス解消が脂性改善の早道!

ストレスが過剰な皮脂の分泌につながることは、お話ししたと思います。

ここでは、ストレス解消のおすすめ方法をお教えします!

ストレス解消には入浴タイムを有効活用すると効率的ですよね。ジャスミンのお花からできたジャスミンティーのティーパックを湯船に入れて、ジャスミン風呂を楽しむのも良いですよ。

バラの香りは、女性ホルモンの分泌を良くする働きがあるんです。

バラの香りの入浴剤を使うと、良い香りを楽しみつつ男性ホルモンも中和してくれます!皮脂をおさえるために、バラの香りはおすすめなんです!

睡眠不足によるストレスも皮脂を増やす原因です。

アロマテラピーとして、ホホバオイルを自分の好みの香りのアロマ精油に入れて使うと、心もお肌もリフレッシュできます。

アロマでリフレッシュすれば、心地よい眠りにつくことができるでしょう。

まとめ

あなたの脂性肌の原因はどれに当てはまったでしょうか?

原因に合った対処方法を取れば、きっと顔のテカりも収まるはず!

ぜひ、試してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す