試す価値ある?肝斑にニベアってきくの??

肝斑にニベアってきくの?とお声を耳にしたことがありますが大きな効果は期待できません。

ニベアは肝斑を直接的治す効果はありませんが、保湿成分にすぐれています!

また肝斑は、紫外線によって悪化するといわれています。ニベアには日焼けオイルと同じ成分が配合されていますので使用の際は気をつけましょう。

スポンサーリンク



肝斑の原因や治療方法

2014-04-05_065544肝斑は30歳から40歳以上の女性たちに多く見られ両頬や額、下顎、鼻の下に左右対称のべったりとして見える淡褐色のシミがあらわれ、浅黒い人ほど起こりやすといいます。

更年期、ピル内服中などにできてしまうことがあります。

妊娠時に現れる場合は、妊娠2、3カ月ころから出始めることが多く、徐々に色が濃くなります。出産の後に消えていくこともありますが、長く続いていく場合もあります。

この事から女性ホルモンが大きく関係するのではといわれています。

肝斑の治療は長期的、継続的な治療が必要でトラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEの内服、そしてコウジ酸やアルブチン、リノール酸といった美白剤の外用、あるいはケミカルピーリングが効果的といわれています。

安易にレーザーで取り除こうとすると悪くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

肝斑と紫外線の関係

紫外線は、肝斑ができる直接の原因ではないのですが症状を悪化させ再発させる原因の一つとなります。

紫外線によるシミに特に注意したほうがいいのは日焼けが黒くならず赤くなるだけの方です。

天然の紫外線吸収剤となるメラニン量が少ないためシミができやすいです。

日焼けをすると、メラニン色素が多く生成され肌が黒くなります。このメラニン色素には、紫外線の皮膚深部への侵入を防ぐといった働きがあります。

生成されたメラニン色素は、皮膚のターンオーバーにより排出され元の皮膚の色に戻りますが、日常的に紫外線を少量でも長時間、短い時間でも多量に浴びたり肌の老化によりターンオーバーが遅れたりすると不均一に沈着しシミとなって残ってしまいます。

肝斑のセルフケア方法

2014-03-06_182951毎日の生活の中でたっぷり睡眠を取りストレス発散を適度に行い紫外線や喫煙をなるべく避けることや、丁寧な洗顔と保湿ケアでターンオーバーの正常化を促進しバランスのとれた食生活でシミの予防をしていきましょう。

肝斑は、他のシミとの見分けが大変難しい為気になる方は医療機関で判断してもらう事をお勧めします。

日常生活でのケアと、医療機関による定期的な治療により、ほとんど気にならない状態を保っていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す