メラニン色素は消すんじゃなく抑える!その方法とは?

紫外線などの刺激を受けると、活性酸素(フリーラジカル)が発生し情報伝達物質のエンドセリンが作られメラノサイトが活性化します。

メラノサイトは、表皮の一番深い層である基底層にあるメラニン色素を生成する細胞で、それがシミやそばかすにもつながってしまいます。

スポンサーリンク



シミを消すのではなく抑える方法

2014-02-22_130938最近の美白化粧品には、メラニン色素の生成に深く関与している情報伝達物質のエンドセリンという物質を先に遮断することでメラニン色素の生成を封じる成分やチロシナーゼの活動を阻害しメラニン色素の生成を抑える成分などが含まれているものが多いです。

つまり、シミは消すのではなく抑える方法があるということです。

シミやそばかすの予防にも、できてしまったシミやそばかすにも効果がある美白化粧品が増えています。

成分によって効能も違いますのでしっかりと下調べしてから購入しましょう。

また、成分が優れている美白化粧品も浸透力がないときちんと効果を発揮しませんのでご注意ください。

美白化粧品の成分をしっかりと浸透さすための準備

化粧品の成分が優れていても、肌が健康な状態でないと成分も浸透しにくくなります。

日常で行えるケアをしっかり行い、美白化粧品の成分をしっかりと浸透させましょう。

その為には肌のターンオーバーを正常化させて肌の細胞の新陳代謝を活発にします。

新しい肌は、約28日かけて古い肌細胞と新しい肌細胞がいれかわることでつくられています。

しかし、ターンオーバーが乱れると周期が変わったり、古い肌細胞が部分的にはがれずに肌表面に蓄積し厚く硬くなります。

それがくすみや毛穴づまりの原因にもなります。

肌のターンオーバーを正常化する方法

肌のターンオーバーを正常化させるには清潔な肌を保ちしっかり保湿することが重要です。

洗顔は、丁寧にきめ細かい泡をたて、汚れを優しく落とし洗顔します。

洗顔の後は、しっかりとぬるま湯ですすぎ残しのないように洗い流しましょう。

清潔なタオルを使って優しく水分を拭き取ってください。

化粧水や乳液は、保湿力重視の物を使用し乾燥対策することでシミ、そばかすを予防できます。さらに美白化粧品を使用することでシミやそばかすを根本から予防することや、薄くすることができます。

バランスのとれた食生活や規則正しい生活習慣も重要です。

毎日の生活の中で、十分で良質な睡眠、適度な運動ストレス発散、暴飲暴食を避け、紫外線対策を1年中しっかりとおこないましょう。

>>シミやそばかすを見つけた時が、美白ケアのスタートの時?(関連記事)

スポンサーリンク

コメントを残す