テニス焼けを徹底的に防止するためにおすすめなUVケア商品と日焼けを治す方法

テニスをしている人ならテニス焼けに悩んだ経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか?

テニスはインドアでも楽しめるスポーツですが、学生の部活だったり本格的にテニスをしていて大会に出場したり、友達とコートを借りて楽しむ場合など、屋外のコートを使う機会の方がどちらかと言えば多いのではないでしょうか(・・?

また、旅先の宿泊プランでテニスコートが付いている時にも、テニスを外で行うことは多いでしょう!!

テニスはとても楽しくて誰でも気軽に行えるスポーツですが、その一方でテニス焼けに悩む人も少なくありません。

スポンサーリンク



テニスをしながらでも日焼けは治せる?

2016-03-30_213710日焼けを治したくても、テニスに行く度に日焼けをしてしまい、テニス焼けを治すことは絶望的だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言えば、テニスを続けながらでも日焼けを治すことは可能です!!

テニスをしながらテニス焼けを治すには、新しく日焼けしないために日焼け対策をしっかりと行った上で日焼け後のスキンケアを丁寧に行っていけば良いのです。

意外と知らない!日焼け止めの選び方

2016-03-30_213737テニスをする上で絶対に忘れてはいけないのが紫外線対策です!!

その中でも一番実践している人が多く基本ともなるのが日焼け止めを塗ることです。

この日焼け止めの選び方ですが、効果の高いものが良いと思い、どんなシーンでもSPF50のものを選んでいませんか?

実はこれが間違いで、テニスのように炎天下の中長時間で行うスポーツにはSPF50がベストですが、ちょっとした買い物で10分くらい外に出る時にはSPF10から20程度のもので十分なのです。

同じように屋内でテニスをするなら、SPFが50でなくもう少し低い日焼け止めを使用しましょう。

SPFの数値が高い日焼け止めは効果も高いかもしれませんが、肌に与える負担も大きいので注意が必要です。

冬は屋外でのスポーツをする時でも日焼け止めを塗らないという方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそもSPFというのはUV-Bに対する効果を、そしてPAというのはUV-Aに対する効果の高さを表しています。

秋冬には肌の表面を日焼けさせるUV-Bが急激に減るため日焼けしにくいと勘違いしやすいですが、紫外線の全体の95%と高い割合を占めるUV-Aは秋冬でも変わらず存在していて、この紫外線がシミやシワ、たるみの原因となります。

したがって、日焼けをしにくい涼しい季節でもシーズンやシーンに合った日焼け止めを選び、こまめに塗ることが大切だと言えます。

日焼けを予防する方法とおすすめなUVケア商品

2016-03-30_213647テニスをする時に使えるUVケア商品にはどのようなものがあるのでしょうか?

日焼けを防止するのに有効なUVケア商品の一部をご紹介します。

①UVコスメ

日焼け止めを始めとした、UVカット機能のあるUVコスメは紫外線が肌に吸収されるのを防止してくれます。

②サンバイザー、帽子

サンバイザーは顔の紫外線対策に有効なアイテムです。

ただし、夏の熱中症対策や頭皮の日焼け対策をしたい方はサンバイザーでなく帽子を選んだ方が良いでしょう。

③UVカット付きの衣類

肌に直接紫外線を浴びることを防止してくれるのが衣類です。

ただの長袖、長ズボンの服でも効果はありますが、UVカット付きの衣類ならより高い効果を実感できるはずです。

くるぶし焼けなどもこれで防ぐことができます。

④フェイスカバー

顔の日焼け対策が日焼け止めだけでは不安だという方には、フェイスカバーを使うのがおすすめです。

⑤スポーツサングラス

意外と日焼けしやすい目の日焼け防止には、スポーツサングラスを使うのが良いでしょう。

普通のサングラスと違いスポーツサングラスは、激しいスポーツをしている時にも顔にしっかりフィットします。

⑥グローブ

年齢が出やすい手は、グローブを使って日焼け防止をしていきましょう。

グローブを使えば長袖を着ても日焼けしてしまう手の日焼けの悩みが解決するはずです。

日焼け止め以外にも、日焼けを予防する方法はたくさんあります。

これらのUVケア商品を上手に組み合わせ、テニス焼けを予防し綺麗に治していきましょう。

日焼け跡を治すスキンケア方法

2016-03-30_213754日焼け跡を治すためには、できるだけ早急にケアをすることが大切です!!

同じように日焼け跡を治す方法を実践したとしても、日焼けが肌に定着する前と後とでは、肌への影響や日焼けの状態がかなり変わります。

日焼けをしてしまったら、まずは日焼けをした部位をしっかり冷やすようにしてください。

そして、痛みがあるなどあまりにも日焼けがひどい場合にはスキンケアを行う前に皮膚科を受診して相談してください。

日焼けの症状が痛みがなく軟膏を塗らなくても良い程度であれば、敏感肌用のスキンケア化粧品で保湿をしましょう。

敏感肌用のものを使うというのもポイントで、普段は敏感肌でない人でも弱った肌に刺激の強い化粧品を使うのは厳禁です。

肌を白くするのは肌を休めてからでもできるので、まずは肌を落ち着かせ、それから美白ケアを行うなど肌の状態に合わせたスキンケアを行うことを心掛けましょう。

>>絶対に日焼けしたくない!日焼けに効く美白化粧品の成分とは?(関連記事)

スポンサーリンク

コメントを残す