今あるシミを薄くすることはできる!?シミが薄くなるだけでアンチエイジングに

年齢とともに増えていくシミ、気になりますよね?

シミが目立つと肌が汚いような印象を与えるだけでなく、老け顔に見えてしまいます。

シミは若い時にはあまり出てきませんが、年齢を重ねるにつれて若い時に蓄積していた分までシミとして肌の表面に出てきやすくなってしまいます。

そのため、シミは加齢の象徴のような存在であり、将来シミを増やさないことはもちろん、今あるシミもできるだけ薄くしたいと考えている人が多いのではないでしょうか。

シミが目立つと老け顔に見られる?

2016-04-01_190431若い時にはあまりないシミだからこそ、あることによって老けた印象を与えます。

肌が毎年紫外線の影響を受けるのはある程度は仕方のないことなのですが、シミが多くて実年齢より老けているように見られてしまうのは嫌ですよね。

若く見られるためにはシワやたるみをなくすことも必須ですが、シミのない肌であることも大切なのです。

>>シミやハリ不足で老け顔から若くみられる肌に!!(関連記事)

今あるシミを薄くすることはできる?

それでは、今あるシミを薄くすることはできるのでしょうか?

シミは増えていく一方でできたら諦めるしかないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はシミはスキンケアで薄くしていくことが可能なものなのです。

今あるシミを薄くするのには時間がかかってしまうので早くシミをなくしたいという方は絶望的な気持ちになってしまうかもしれませんが、女性はメイクでもある程度はシミを隠すことができるので安心してください。

スキンケアでは美白化粧品などで根本的にシミそのものにアプローチをかけて、シミを薄くしていきます。

きちんと研究や実験を重ねた結果としてシミを薄くする効果が高いとされているものもありますし、シミを薄くしたいのならそのようなシミ改善効果の高いスキンケア化粧品を使うことが有効であると言えます。

メイクで薄くなるから気にしないという方もいるかもしれませんが、まずは美白化粧品を使ってシミをしっかり薄くすることがとても大切なことなのです。

シミを薄く見せるためには美白化粧品を使うのが有効!

メイクでシミを隠せるとは言っても、シミは薄ければ薄いほどメイクでも隠しやすくなります。

逆に、もう少し色が薄ければベースメイクをしっかりすることで隠せるのにというようなシミでも、それなりに濃かったり大きかったりすることで、隠すのが難しくなってしまうようなこともあるのです。

社会人になると外に出る時はほぼ100%メイクをしているかもしれませんが、友達や彼氏と旅行に行ったりなど誰かに素肌を見せる機会は実は意外とあります。

そんな時に素肌を見せて、意外と老けてると思われてしまったら嫌ですよね。

シミがあると老けた印象を人に与えますが、逆にそんなシミが少なければ若く見えるという嬉しい効果があります。

今でももうシミができてしまっている、という方も今あるシミを薄くする方法を実践すれば、アンチエイジングにも繋がるので是非諦めないでシミを薄くする努力をしてみてくださいね。

そんな老けた印象を与えるシミを改善させるためには、美白化粧品を使うのが有効です。

シミにも種類があり、美白化粧品が改善させることができるのは日焼けや肌荒れによる色素沈着などのタイプのシミです。

同じ日焼けによるシミであってもメラニンが真皮にまで達しているような場合は美白化粧品での改善はあまり期待できないので、自分の日焼けがどの程度のものであるかという判断をすることが重要です。

実際に美白化粧品を使ってみて薄くなるかを確認するのも良いので、まずは美白化粧品を試してみてくださいね。

シミを薄く見せるメイク方法とは?

実際にはシミが薄くなくても、女性はメイクで今あるシミを薄く見せるということもできます。

シミを薄く見せるメイクは、ベースメイクでしっかりとシミを隠します。

どの化粧品でシミを隠すかはシミの範囲にもよります。

化粧品にはあまりにも広い範囲に使うのは不向きで厚化粧に見えてしまうものもあるので、そういったポイントをしっかりと抑えましょう。

① 広範囲の濃いシミ

シミの範囲が広い場合は、リキッドファンデーションを顔全体に塗ります。

リキッドはシミを隠す効果も抜群なので、広範囲にある濃いシミを隠すのに適しています。

それでも隠しきれない濃いシミである時は、更にファンデーションをのせてスポンジなどで少しぼかします。

コンシーラーを足してぼかしていくと、更にシミを隠す効果が高まります。

② 薄い小さなシミ

小さなシミには部分使いに向いているコンシーラーを使います。

コンシーラーを使うタイミングはパウダーファンデーションならファンデーションの前、リキッドファンデーションならファンデーションの後です。

これだけでカバー力が高く、一日中シミをカバーしてくれるでしょう。

③ 濃い小さなシミ

濃いシミの場合でも、大きさが小さければコンシーラーが活躍します。

コンシーラーを塗ったあと、指を使って伸ばしてぼかすだけでコンシーラーが抜群のカバー力を発揮してくれます。

シミは大きさや濃さに関わらず、あれば肌にダメージを与えて憂鬱な気分にさせるものです。

今あるシミを日中はメイクでカバーし、夜はスキンケアを行って徐々に薄くしていき、最終的には完全になくすことを目標としてケアしていきましょう。

>>シミやそばかすに最適のコントロールカラーの選び方とは?(関連記事)

スポンサーリンク

コメントを残す