夕方になると肌が暗くなる!このにごり感の正体って何?

肌に透明感がないと感じる要因は色々とあるかと思いますが、肌の透明感がなくなって見えるにごり感の原因とは一体何なのでしょうか。

肌のにごりの定義はそれぞれの化粧品会社によっても異なるようですが、にごりの正体は簡単に言えばくすみです。

最近気になる肌のにごり感の正体とは

2016-04-01_190504にごりがどんなものかというと、肌がくすんで透明感がなく、黒ずんで見える状態のことを指します。

つまり、肌ににごり感があるというのは、肌がくすんで汚い状態にあるのです!!

このにごりをなくさなければ、せっかくメイクをしても顔色が冴えなく、暗いような印象を与えてしまいます。

肌のにごり感が気になるという方は、まずはくすみを消すことに重点を置いてスキンケアを行ってみてはいかがでしょうか。

くすみは積み重なると化粧でも隠すことができなくなってしまいます。

まずは、そんなくすみの原因を知ってにごり感のある肌を作らないようにすることが何よりも大切です。

くすみ=にごり感の原因とは?

肌のくすみの原因は単純なものではなく、くすみは様々な原因によって起こる、難しい肌のトラブルであると言えます。

くすみの原因となるものには紫外線やスキンケアでのこすりすぎなどから起こる色素沈着、クレンジングが不十分だった時の汚れが積み重なったもの、乾燥、甘いものの食べ過ぎによる糖化などの様々で複雑な原因があります。

また、肌自体がくすんでなくても顔の産毛が濃い場合も肌が黒っぽく見える要素を作ってしまいます。

このように肌にくすみを作る原因は身近な日常の中にかなりたくさんあります。

そして、そんな肌くすみが肌へと影響してにごりにもなっていくのです。

したがって、肌のにごり感をなくしたいと思った時にはくすみを改善させる必要があります。

肌のくすみをなくしていくためには、くすみができる原因を見つけなければあまり意味がありません。

自分のくすみの原因に合ったアプローチをしていかなければ肌はくすんだ状態から明るい色に戻らず、にごり感からも抜け出せなくなります。

このくすみの原因は一つだけでなく複数の原因が絡んでいるような場合もあるので、原因が複数あるなら全てを改善させていく必要があります。

>>夕方になると肌が暗くなる!このにごり感の正体って何?(関連記事)

くすみを取る方法とは

それでは、それぞれのくすみはどうしたら取れるのでしょうか。

まず簡単なのが、甘いものを食べているのが原因である場合です!!

甘いものが肌を茶色や黄色にしてしまっている時には、その原因となっている甘いものをできるだけ食べないようにしましょう。

規則正しい生活を送って食生活のバランスを整えれば、時間はかかるかもしれませんが体内の状態が良くなってきてくすみは取れていきます。

ライフスタイルを整えたりバランスの良い食生活を心掛けるのは基本的なことでもあるので、甘いものを食べ過ぎて肌がくすんでいる時以外にも是非心掛けてみてください。

汚れくすみは、汚れをきちんと取り除いていかなければいけません!!

自分のクレンジングの方法を振り返って、きちんと化粧を落としきれているかを確認してみましょう。

また、古い化粧品を使ってメイクをすることも肌のトラブルの元です。

化粧品は1年を目安にして古いものは使わず、新しいものを使うようにしてください。

良い化粧品でも時間が経てば酸化してしまうということを頭に入れておきましょう。

メラニンくすみは、美白化粧品でケアしていきます。

美白化粧品は新しくメラニンが生成されるのを抑え、既に黒くなってしまった肌を薄くするという嬉しい効果があります。

スキンケアを行う時には美白効果がある化粧品を積極的に取り入れてみてください。

効果的なスキンケアの方法とは

肌がくすんでにごり感が目立つようになってしまったら、きちんとスキンケアでそのにごり感を取り除いていきましょう。

しっかり汚れを落としたいと思っても、ゴシゴシこすったりすると摩擦でメラニンが生成されてくすみの元になったり、将来のシワの元にもなるので注意が必要です。

乾燥もくすみの原因であるので、スキンケアでは保湿効果に優れている美白化粧品を使うことが重要です。

美白化粧品はパッティングをしてその効果を高めます。

パッティングをする時にはまずは普通に化粧品を塗り、次に顔を優しく叩きます。

叩くことによって化粧品が押され、肌へと浸透して肌の内側まで潤っていきます。

その次に手の熱を利用して肌をしっかりと抑えます。

こうすることによって肌の内側にも表面にも美容化粧品がしっかりと浸透するという効果があります。

最後にクリームを塗って、美白化粧品の効果を閉じ込めましょう。

スキンケアは朝と夜にきちんとお手入れをするとともに、日中も美容液を多く含んだ化粧下地やファンデーションを使えば潤いが長く続きます。

これだけで夕方まで肌の色が明るくなり、くすみがなくなってきます。

とても簡単なので、是非試してみてください。

>>スキンケアで改善できる!!顔のくすみをとる方法(関連記事)

スポンサーリンク

コメントを残す