やけど跡にビタミンCが効果的な5つの理由とは?

ちょっとしたことでやけどをしてしまうと、大きなやけどでないかぎり、水で冷やして終わりということが多くないですか?

この安易な処理があとから、やけど跡を生んでしまうのです。次の日に「あれ?」と思ったときには、すでにやけど跡が残っているんですよ。

そんな時には、ビタミンCで、できるだけ早急にやけど跡を消してあげましょう。

やけど跡にビタミンCが効果的な5つの理由

2015-10-31_025603

ビタミンCが肌に良いというのは耳にタコができるほど聞いていますよね。

実際いろいろな肌ケアの商品や化粧品には、必ずというほどビタミンCが含有されています。

でもやけど跡となるとちょっと違うのでは?と思いませんか。となげかけておいてなんですけど、全然大丈夫です。というよりむしろビタミンCは、やけど跡にとっても効果的にはたらいて、やけど跡を消してくれます。

抗炎症作用

ビタミンCの作用のひとつ、抗炎症作用は、肌の炎症をおさえてくれる働きですよね。

これが、やけど跡には、しっかりと働いてくれます。やけどで弱った肌がこれ以上わるくならないように守ってくれるのです。

まずは、肌を元の状態に戻すことが大切です。ビタミンCの抗炎症作用で、早めの対策が打てるのがいいですね。

ピーリング効果

ビタミンC自体がピーリングできるわけではないのですが、ピーリングとビタミンCを合体させると、肌への浸透が良くなりターンオーバーがスムーズになるんですよ

普通だと28日くらいの周期で、肌のターンオーバーがなされますよね。まあ、年をかさねていくとちょっと伸びてきますけど。

このちょっと伸びてくるが問題で、ちょっとのびた間に角質層が厚くなってくるんです。角質層が厚すぎると、ターンオーバーもスムーズにできません。

そこで、ピーリングで不要な角質をとりはぶいてあげて、肌の修復を短期間でできるようにするといいんですよね。

そのあとにビタミンCを取り込むと浸透がよくなるという仕組みです。

そして無色化するという美白作用の2つの美白関係の作用を持っています。

メラニンを無色化

やけど跡も、紫外線などでできるシミと同じでメラニンが原因です。

そしてビタミンCにはそのメラニンが作られるのを抑えると同時に、肌に染みついてしまったメラニンを無色化する働きがあるんです。

で、そのうちの無職化するという還元作用がいいんですよ。

メラニン生成を抑制する美白成分というのは意外とほかにもたくさんあって、替えがきくんですけど、もうひとつの無色化というのはなかなか替えがきかないんですね。

メラニンを無色化すると、シミがどんどんうすくなっていきます。その還元作用がやけど跡を消すことになりますよね。

コラーゲンの生成

コラーゲンは、肌をふっくらさせて美肌をつくるには必須のものです。

コラーゲンは体内で作られます。だから、無理してコラーゲンを食べなくても問題はありません。

ただ、体内で作られるコラーゲンの材料にはビタミンCが絶対必要なのです。ビタミンCが体内に足りないと、コラーゲンは十分に作ることができません。

肌に弾力があるのはコラーゲンのおかげです。肌の70%も占めるコラーゲンの為に、ビタミンはCはしっかり取りましょう。

やけど跡をなくすためのターンオーバーも肌がちゃんと出来あがらなければ消えてくれません。

ターンオーバーを後押し

人はいつまでも同じ皮膚を持つのではなく、常に内側から新しい細胞が作られ、きれいな皮膚に生まれ変わっています。ですからターンオーバーがうまくいけば、外側にできた傷やシミなんかも、自然と消えていってくれます。

このターンオーバーにはビタミンが欠かせません。ビタミンA、ビタミンB6は新しい皮膚を作るのに必須です。

そして、もっとも大切なビタミンCは、コラーゲン生成を助け、肌のターンオーバーをスムーズに行えるようにしちゃうんです。

やけど跡にはビタミンC誘導体がおすすめ!!

でも、ビタミンCは、成分自体がもろくて壊れやすく不安定という欠点があります。なので、化粧品にそのまま配合しても効果がみられないんです。

そこで、それができる人工物が開発されました。それが、ビタミンC誘導体ですね。ビタミンCの効果そのままに安定化させたものです。

これによって、ビタミンCが皮膚への浸透していく力を強くして、皮膚の表面ではなく、内部でビタミンCが働けるようになりました。

ビタミンC誘導体には、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、還元化作用など、ビタミンCが持つ作用がしっかりと受け継がれているので、肌をケアするのにぴったりなんです。

食べ物やサプリメントからの摂取は実はあまり意味がない

やけど跡のケアでビタミンCを取るのであれば、内部からとるのではなく、肌の表面から角質にかけて効果が出るようにするのがいいですね。

ビタミンCを食べ物でとったり、サプリメントで補給したりするということも考えられますが、やけど跡ということに注目して考えるとあまり効果が出ないと思われます。

やけど跡には、直接その部分にアプローチするのがいいので、外から浸透させるという方法をとるのが早そうですよ。

まとめ

やけど跡をビタミンCで補修するという考えは、セルフケアをしたいと考えている人にとっては、とても効果的です。

いつかなおるだろうとほおっておいたり、残っちゃうからとあきらめることなく、ビタミンCでやけど跡を消しちゃいましょう。

>>やけど跡による色素沈着を治す為にはどうしたらいいの?

やけどで出来たシミを消す2つの方法とは?

料理の最中に油が飛んでやけどしたり、熱いものをついうっかり触ってしまったり、アイロンがちょっと当たってみたりと、家事をしているとどうしても、ちょっとだけやけどになることってありますよね。

その時はじんじんする程度なので、ちょっと冷やすくらいはしても真剣に処置などせずにまた家事に戻ってしまうのが普通だと思うのです。

でも、ふと気づくと、やけど跡が残ってシミになっていて、どうしようと頭を抱えるしまつ。

やけど跡をやシミなってしまった時に、きれいさっぱり消してしまうにはどうしたらいいんでしょう。

やけどで出来たシミを消す2つの方法

2016-04-01_190504

やけどしてしまった時に、まずやることって、冷やすことですよね。

やけどは素早い処置がそのあとのシミの有無を左右するといっていいほど。だからこそ、最初の一歩の冷やしはとっても重要です。

シミとして、残さないためには、少なくとも10分から20分は、しっかりと冷やしておく必要があるのですって。

でも、できちゃったらどうしましょう。

出来てまだ新しいやけどのシミにはビタミンC誘導体

やけどをした皮膚が治ってくると、やけどを下あたりの皮膚の内側に色素が沈着してくるんですよ。

でそれがほかの皮膚の色と違うんで、シミに見えてしまうというか、シミですね。

これの対策は、やっぱり皮膚を再生するしかないですよ。ということはコラーゲンです。

コラーゲンで皮膚を再生してしまいましょう。コラーゲンを増やす方法となるとビタミンCなんです。

そして、ビタミンCを効率よくとるには、ビタミンC誘導体が一番ですよね。皮膚の再生を促してやけどの跡を目立たなく、早く治してくれます。

出来てしばらくたったやけどのシミにはハイドロキノン

ビタミンCは、いまいまできたシミはいいのですが、しばらくたってしまったシミには、効果がないんです。

そこで、ハイドロキノンの登場です。

ハイドロキノンはご存知のとおり、美白成分です。しかもかなり強力。メラニンの生成をおさえて、できてしまったメラニンを減らす効果があります。

やけど跡の色素沈着の色素自体を薄くしていくので、シミ自体もどんどん薄くなっていきます。

大体2か月ほどで、きれいになるといわれるほど効果が高いようですよ。

あきらめる前にちょっとためしてみるのはどうでしょう。

ラベンダーのエッセンシャルオイルをつかう

やけどの跡をきれいにするために必要なことが十分な保湿。保湿ケアは、シミを消すだけでなくいろいろなお肌ケアででてくる外せないポイントです。

一般的な保湿ケアでは、ワセリン、馬油、エッセンシャルオイルなどありますが、その中でも、私がやけどケアでおすすめしたい保湿ケアは、ラベンダーのエッセンシャルオイルを使うものです。

やけどは、皮膚にかなり大きなダメージをさせてしまうものですから、皮膚自体再生力が落ちています。

皮膚が再生されていないうえに乾燥のダメージが重ねってしまうとやけどはなおるどころか、ひどいままになって、その結果、シミとなってやけど跡が残ってしまうんですよね。

そこで、皮膚が落ち着いてくるまでは、保湿剤をしっかりと塗って、ガーゼなどで乾燥のダメージから守ってあげると、皮膚が刺激なく再生されていきますので、新しい皮膚ができやすくなりますよね。

紫外線対策をしないとやけどのシミは濃くなる

ここまでくると、そうですね、やっぱり紫外線対策の話をしなければですよ。

特に、ハイドロキノンは、紫外線を浴びてしまうのは、NGですから、気をつけます。

やけど跡だからと特別な紫外線対策をする必要はありません。いつもの紫外線対策で十分です。

ただ、やけどの後ですから、できるだけ刺激の少ないものがいいですね。

洗い流すにしても、石鹸で普通に洗えばおちるものが刺激が少なく、お肌にもやさしいものと言えますよね。

まとめ

やけどは、その時には気づかず、後からひりひりと痛みがあったり、お風呂などのお湯に触れた時に、意外とひどかったのだと気付いたりするものです。

特に家事の最中にやけどをした場合は、のんびりとやけどケアをしていられませんものね。

かといってあっちもこっちもやけど跡だらけでは、話になりません。

そうなるまえに、まずは、しっかりとやけどをなおして、やけど跡が残らないようにすることが大切です。

そして、できてしまったら、まずは、早めのやけど跡ケアをしましょう。そうしたら、やけど跡がシミになる前に治ってしまいますので、短期間でケアが完了します。

でも、それに気づかず、気づいた時には、「時、すでに遅し」だった場合でも、あきらめは禁物。

少し時間はかかりますが、ちゃんとケアをすれば、やけどでできてしまったシミも消すことができます。

いくら、家事をやっている証拠だぁと息巻いても、やっぱり、きれいな肌がいいですもんね。

ちゃんとシミケアをして、きれいな肌を維持しましょうよ。

>>やけど跡による色素沈着を治す為にはどうしたらいいの?

ニキビ跡はあきらめたら終わり!!薄くする方法はあります。

ニキビってオイリー肌の人がなるのではなく、敏感肌の人がなりやすいんですよ。

ですから、ニキビ跡が残るのも防ぐには、肌を整えるってことが大切です。

でもできたニキビ跡は?

ニキビ跡って一度できてしまうとなかなか治らないので、げんなりしてしまいます。でもちゃんと治りますよ。

ニキビ跡の種類でケアの仕方は違いますが、正しいケアで少しずつ直してみましょうよ。

ニキビ跡を消す方法

2015-10-20_231529

そもそもニキビ跡ってどうしてできるんでしょう?それには色々な原因があります。

ニキビができた時の炎症の跡だったり、色素沈着から来る完全なシミだったり、ひとつはたいしたことがなくても何回も同じ場所にできてしまって皮膚の内側が傷になって、それが跡になってしまったりすることもあります。

ニキビ跡のケアは、その種類によって、若干方法が違うんですって。

だから、自分のニキビ跡をまずじっくり観察して、それからどうするかを決めていくのがよさそうです。

ピーリングでターンオーバーを促進する

一番厄介のが、色素沈着のニキビ跡ですよね。要するにシミですもん。

とくに茶黒くなったニキビ跡は、まさにシミ。このケアは、なんといってもピーリングです。

ピーリングは、古くなった角質を取っていく方法ですけど、これでシミをこさぎ落とすって感じですね。

といっても、無理やり剥がすのではなく、本来はがれるべき角質が残っていたら、それをピーリング剤で落として、肌のターンオーバーを促進するっていう感じが正しいですので、お間違えなきよう。

ピーリング剤には、ゴマージュやスクラブ、シートタイプ、クリームやジェルなどいろいろあるので、自分の肌に負担のないものを選ぶのがいいですよ。

私のオススメは、肌にやさしくって、終わってからすっきりする洗い流しタイプです。肌にピーリング剤が残っているのがいやなんですよ。

ピーリングって、やはり多少は肌に負担をかけてしまうので、ピーリングしたあとはしっかりと保湿するのが重要です。

あと普段からの紫外線対策も、これ以上悪くならない方法ですね。

>>ニキビ跡を消すために!!ピーリングで効果的に治す方法

ビタミンC配合の美白化粧品を使う

赤いニキビ跡は、スキンケアできれいになります。

なぜかといえば、このニキビ跡は、ニキビが炎症を起こしているときに、毛穴の周りにうっ血して起こった後だからなんです。

ですから、肌ケアで、きれいになるのですね。そのときに効果的なのが、ビタミンC配合の化粧水や美容液を使ってのスキンケアだそうです。

やっぱりビタミンCは、肌にいいのですよ。でもって、ビタミンC入りの美白化粧品を使うと、保湿もしっかりとしてくれるので、とっても効果的です。

保湿は、ニキビ予防にもつながりますからね。

レーザー治療をする

最後が一番厄介なクレータータイプです。

今まで挙げてきたニキビ跡とは違い、赤ニキビが炎症を起こしたまま悪化して、皮膚組織まで破壊された状態ですから、そう簡単ではないですよ。

これはこつこつケアしていくしかないのですが、できるだけ早くというのであれば、お金をかけるしかありません。つまり、皮膚科でレーザー治療するのです。

レーザー治療にはいろいろありますが、どの治療であっても、目立たない程度に治せるようになってきたようですよ。

もちろん、一度で治るのものではなく、何度か施術するものもありますし、施術後にしばらくの間不自由なこともあったりします。

とはいえ、一度リセットする気持ちで、きれいにして、そのとはしっかりと肌ケアで、美肌を保つようにするということも大切なのかもですね。

1番おすすめの方法は美白化粧品を使うこと

いろいろなニキビ跡にいろいろなケア方法がありますが、結局のところ、普段から肌のターンオーバーを意識することが大切になりそうです。

たとえば、生活習慣でも見直してみたり食生活や、睡眠不足等、肌に負担をかけるものを減らすとかね。

肌によいことをするということは生活習慣を改善することになります。

確かに夜更かしの翌日は、肌が驚くほど寄れっていますし、逆にしっかりと睡眠をとった翌日の化粧ののりのよいことと言ったらありません。

ニキビ跡ケアとして、セルフケアできることは、共通して美白化粧品のように思います。

ニキビ跡のケアは、今日明日にすぐになおるものではないですが、少しずつ薄くなっていきます。

だからこの美白化粧品で、それをサポートというか、フォローしてあげると、効果が目に見えると思うんですよ。

ニキビ跡ケアを考えなくても、肌ケアは行いますよね。だったら、ニキビ跡を考えて美白化粧品で、トライするのがいいのではないでしょうか。

まとめ

すぐに直したいという気持ちがあってもうまくいかないものです。でも、一歩ずつでも薄くしていく方法はあるようです。

だったら試してみたいと思いますよね。

ニキビ跡を気にしてくよくよするよりも、元気よく美白化粧水をつけて一日を過ごすことが前向きな気持ちになって、ストレスフリーで、結局肌のターンオーバーにもよさそうですよ。

来週のデートに間に合わせる即効性重視のニキビ跡ケア

デートの前のニキビ対策どうしていますか?

といっても、いまからできるニキビはどうにか対策打てそうですけど、このニキビ跡はやっぱりすぐには無理ですよね。

でもあきらめきれないから、ちょっとジタバタしてみようと思うのです。

即効性のある対策ってないものでしょうか。

ニキビ跡に即効性のある美容成分はハイドロキノン

2015-11-23_080603

ニキビ跡を隠す方法としては、メイクで丁寧にやるしかないのですけど、それでも隠しきれないですよね。

残ってしまったニキビ跡を消してしまう、嘘みたいな成分。それがハイドロキノンです。

アメリカでは有名ですが、日本では2001年薬事法が改正されて一般的になった成分でまだ目新しい言葉なので、あまり聞いたことがないかもしれません。

最初にこの名前を聞いたのは、ニキビ跡ケアじゃなくて、ボディ用だったんですよ。乳首の色をピンクにしてくれるってやつ。あれです。

美白と言えば、ビタミンCなんですけど、ビタミンCは、メラニン色素ができるのを抑えてくれても、今すでにできている色素沈着には効果がないんです。

その「すでにできてしまった」シミやニキビ跡に効果があるのが、ハイドロキノンなんです。ハイドロキノンは色素沈着の元であるメラノサイトに効果を発揮し、メラニンを減少させます。

すごい成分ですよね!ですがそれだけ効果が高いので、取り扱いを間違えると大変なことになるので注意が必要です。

出来たての赤いニキビ跡にはハイドロキノンを使ってはいけない

ハイドロキノンは、成分が不安定で酸化しやすいっていう欠点があって、使い方を間違えるととんでもないことになるんです。

ハイドロキノンの使い方のポイントは、洗顔して保湿までしっかりとしたあとに、ハイドロキノンを、色素沈着の部分だけに薄―く塗ると言うことです。

そして、ここが大事ですよ。紫外線に当たらないと言うことです!!

なぜなら、ハイドロキノンはと~っても「酸化」しやすいんです!

紫外線を浴びて酸化すると、老化の原因である活性酸素がすぐ発生します。せっかく美肌の為のハイドロキノンが、老化を早める成分に早変わり。これじゃ本末転倒ですよね。

ですから、もしハイドロキノンを使用した場合は、紫外線を浴びることのない夜、寝る前に塗るのが最適です。

とここまで、ニキビ跡の色素沈着に効果があるといわれるハイドロキノンの話をひたすらしてきたのですが、実はできたばっかりの赤みのあるニキビ跡には全く効果がないのでご注意を。

赤みのあるニキビ跡に必要なのは、美白効果ではなく、炎症を抑える消炎効果です。

ここが間違いやすいポイントなんですよ。

肌トラブルなくニキビ跡をケアするならビタミンCがおすすめ

美白効果が抜群でも、使い方はむずかしいし肌への負担も大きそうなものを使うより、安心して使えて効果がでるものって考える方がよさそうですよ。

私はやっぱり、ビタミンCだと思うのですよ。

ビタミンというだけで、なんとなく安心感もありますし、効果も高そうですしね。

抗炎症作用

ビタミンCのいろいろな効果の中でも、抗炎症作用がニキビ跡をきれいに治すには必要なのだそうです。

なぜ?って、ニキビ跡が赤くなってしまうのは、炎症が治ってないからだからです。いわゆるアクネ菌ですよ。

あのにっくきアクネ菌を退治するために必要なのが、活性酸素。

でもこの活性酸素は、ちょっと要領が悪くって、正常な細胞にも傷をつけてしまっちゃうんですって。

で、傷ついた細胞が修復作業をしようとして栄養を運ぶんですけど、その道が血管で、はたから見ると赤く見えるんだそうです。

だから、赤くなっているからっていって「メラニンがシミを作ったな」と目くじら立てないでくださいよ。

赤いのはシミではなく炎症が起きているせいなので、治すには炎症を抑えればいい訳です。

あとついでに活性酸素を抑制できれば、炎症の元をつぶすこともできます。この時点では、メラニン色素はまだ関係していないんです。

ビタミンCは、抗酸化作用ばかりが目につきますが、意外と抗炎症作用もいいんですよ。

ピーリング効果

赤みは収まったものの、シミのようなものが残った状態のいわゆる色素沈着の場合は、もうなおるような気がしませんよね。しかもこのニキビ跡は、紫色っぽい跡と茶色の跡の2種類があります。

紫色であればセーフ。これはニキビの炎症が深かったり外からの刺激が強かったりして、周りの毛細血管が破れて出血し、その血が皮膚に染みついて色がついてしまったことが原因です。内出血のようなものですね。

茶色の色素沈着は、はっきりいえば、シミ。もうシミになってしまっているんですよ。

これは、肌の復活を願って、ひたすらピーリングしかないですよ。

ピーリングといっても、病院に行ってと言うのではなくて、おうちでケアをしっかりすればオッケーです。

肌の古くなった角質がキレイにはがれずに残ってしまった部分を、ピーリング剤を使ってきれいに落とすという角質ケアをするだけです。

ひたすら肌のターンオーバーを待っていたらおばあちゃんになってしまいますからね。とっととピーリングで、即効効果を期待しましょう。

おうちでできるピーリング剤としては、ポロポロ落ちるのが、癖になるゴマージュやスクラブもあれば、ふき取った後にみたら、ゲッと思うシート状の拭き取りタイプ、やさしくオフするクリームやジェル状の洗い流すタイプなど、いろいろあります。

その時の状況や、自分の性格で決めればいいと思います。

そしてわすれてはならないのは、ピーリング後にしっかりとスキンケアすることですよ。

>>ニキビ跡を消すために!!ピーリングで効果的に治す方法

何とか今よりニキビ跡を目立たなくするならビーグレンが良い◎

あれもこれもとやり始めるときりがないニキビ跡ですけど、やっぱりちゃんときれいにしたいじゃないですか。

でも、即効性も捨てがたいですよね!!

そう考えると、やっぱり、実績があって、効果が割と早めにわかるピーグレンを試すしかないですよ。

高濃度のビタミンC

なんといっても、高濃度のビタミンCが入っているのがいいですよね。

よく分からない成分より、普段から親しんでいて、しかも濃度が高いとくればいいことづくめのような気がします。

国際特許を取得している浸透力

そのビタミンCをしっかりサポートする技術力?国際特許取得っていうのは、大きいですね。

ピーグレンの浸透テクノロジーは、ほかの製品には一切使うことができないんですから、ちょっともったいない気もしますけど。

だからこその、ピーグレンですよ。

まとめ

ニキビ跡は、しっかりと時間をかけて直していくのもいいですが、可能な限り即効性は求めたいですよね。

今、ニキビ跡がどうなってて、なにをどうすれば即効性が高くなるかを良く考えてスキンケアしましょうよ。

>>顔がかゆい!しかも赤いシミが!そんなときの対処法とは?

ビーグレンがニキビ跡の色素沈着に良い理由とは?

「ビーグレンって知ってる?つうか、お肌の悩みの話になると必ず出てくるよね。で、ビーグレンってなに?」

「何言っているの、美容ブランドよ、美容ブランド。」

「で、何がいいの?」

「なにって? いろいろよ。」

ここまでくると、どつぼにはまりそうなので、とにかくビーグレンのトライアルセットでニキビ跡を改善してみましょうよ。

ニキビ跡の色素沈着にビーグレンが良い理由とは?

2014-06-15_134305

ビーグレンって、美容系のサイトや、まとめサイトでは必ずといっていいいほど、話題になるブランドですよね。

でも、CMもないし、サイトでしか買えないのに、なぜみんな知ってるんだろうと思うわけです。

私的には、印象的なのはあの渋いケラー博士なんですけど、友達がいいって言っていたから使う人も結構いたりますよね。

しかも、ビーグレンの愛用者って、なんだかんだ言っても、結果がついてきてるらしいんですよ。

そのビーグレンがニキビ跡の色素沈着にもいいって知ってました?

Cセラムに配合されている高濃度のビタミンCが効く

ビーグレンの中でも人気が高いのが、Cセラムなんですけど、私のイメージでは、Cセラムは、たるみによいって感じだったんです。

ちなみにうちのお母さんもCセラムを使っています。がっちり、たるみとくすみ対策なんですよ。

でも、ここで気になるのは、Cセラムのニキビ跡の色素沈着への効果ですよね。配合されているビタミンCがキーです。

なんといってもCセラムは、ビーグレンの看板製品。

最初にできた製品なんだそうですけど、最初の一品らしくとってもシンプルな美容液。お値段も効果からみたらお手頃ですしね。

入っているのはたっぷりのビタミンC。でもビタミンCって不安定な成分ですからそのままではうまくいかない。

それをビーグレンが独自の浸透テクノロジーで包み込んで、成分を安定させて、角質の奥までしっかりと届けてくれるんですってよ。いいじゃんね。

使った時の感想を言えば、つけた瞬間に、肌にじんわりとなじんで、ぶわって広がっていく感覚です。

しかも何となく、あったかく感じるというか、ぽっぽっとしてくる感じがするのは、ぜったい私だけじゃないと思いますよ。

肌に吸いつくようになじむっていう感じ。いいですよね、そういうの。効いてる感じがします。

で、そのあとサラッとした使い心地に変わるのがうれしい。いつまでも後を引くのはいただけないですからね。

浸透力が高い

この後味さらっとの原因って、私が思うに浸透力だと思うのです。

だって、浸透力の髙さが、ビーグレンの独自テクノロジー「QuSome」なんですよ。

なんといっても世界特許を得ているこのテクノロジーは、浸透テクノロジーって呼ばれているほど。

世界特許ですから、もちろん、使えるのもビーグレンだけですから。

まさに、ビーグレンの一番の強みと言えますね。

このテクノロジーを生み出したのが、あのケラー博士なんだって。すごいよね。

QuSomeを一言で言えば、皮膚につけると、その有効成分がスーッと浸透する技術。

とにかく浸透力が高いというのがこの技術の素晴らしいところらしいですよ。

ケラー博士はこれを美容のために開発したわけではなく、薬を患部まで浸透させるために開発したのだそうです。

このテクノロジーがピーグレンだけと言うことは、スキンケアで使うことができるのも、ビーグレンだけ。

ということはこの浸透力が高いスキンケアはビーグレンだけと言うことになりますよね。これってすごいかもです。

このテクノロジーがなぜ必要になったかと言えば、肌にはどんなに清潔にしていたとしても、汗や脂が表面に層を作っていて、普通のスキンケアは、水溶性なので、脂にはじかれて奥まで浸透できないからって友達も話してました。

肌に浸透できないのであれば、どんな素晴らしいスキンケアでも全く意味がなくなりますからね。だから必要なのは浸透力だったのですよ。

ビーグレンのトライアルセットっていっぱい種類があるけどニキビ跡にはどれがいい?

この浸透力を使って作ったスキンケアがビーグレンの売りなのですけど、ちょっと数多くない?いろいろな種類があると、私とかは、どれを使えばいいのか、悩んでしまいます。

かといって、あれもこれもと使うのもどうかと思うわけです。

ビーグレンは、サイエンスコスメなんだそうです。

この言葉はピーグレンが作った造語で、化学的に改善効果が証明されている成分だけを配合して、肌トラブルを改善することを目的に作られたスキンケアっていう意味だそうです。

ということは、肌トラブルが何かを決めてしまえば、どのスキンケアを使えばいいかがわかるってことになりませんか。

ビーグレンにニキビ跡専用のラインが新しくできました

で、探してみたら、ちゃんとありました、ピーグレンにも、ニキビ跡専用のトライアルセットが。

ニキビケアのラインとは区別されてて、ちゃんとニキビ跡に着目しています。

このシリーズは、まず、洗顔で使うクレイウォッシュ。

肌に負担のない洗顔ができる洗顔料で、必要な皮脂を残しながら、不要な皮脂をしっかりと洗い流してくれます。

そして、10-YBローションは、ターンオーバーのサイクルを整えるローションです。

ニキビ跡の肌は、ダメージをうけているので、そこのところをカバーしてくれます。

そして、もちろん美容液は、Cセラム。最後に、QuSomeモイスチャーリッチクリーム。

肌の凸凹にも色素沈着にも効果的なCセラムで肌の生まれ変わりを促進して、モイスチャーリッチクリームで、内側からぐいぐい押し返すようなハリを与てくれるうれしいペアです。

ね、なんかいい感じですよ。

まとめ

ニキビとニキビ跡のケアって、何となく同じ流れでやってしまいがちですけど、スキンケアを使い分けて、ニキビ跡の、しかも色素沈着に特化することで、スキンケアの効果を必ず実感できてしまうのですから、やってみるしかないですね。

友達の話だと、ビーグレンは、継続すれば必ず結果がついてくるのだそうですよ。