顔がかゆい!しかも赤いシミが!そんなときの対処法とは?

顔がかゆい!よく見ると、赤いシミのようなものが顔に広がっている…。なんて経験はありませんか?

赤みを隠そうとメイクをしたり、しっかりとスキンケアをすると、かえって刺激となって症状を悪化させてしまうこともあります。

顔の炎症やトラブルは女性にとって深刻な問題!赤くなっただけでもショックなのに、さらにかゆいなんて…それだけで気分が落ち込んでしまいますよね。

お肌の炎症を早く治すには、その原因と適切な対策を知っておく必要があります。

そこで、今回はかゆみを伴う顔の赤い湿疹についてまとめてみました。いざという時に備えて正しい知識を身につけましょう。

顔に出きた赤いシミがかゆい!!その原因と治し方

2016-04-29_133352顔に出来たかゆみを伴う赤いシミの主な原因は、脂漏性湿疹やかぶれ、花粉症皮膚炎などが考えられます。

それぞれの特徴と治療法について詳しくご紹介します。

原因

2015-11-10_201056

いシミがかゆい、その主な原因は炎症を起こしているからです!!

炎症=痛いと勘違いしてしまいがちですけど、もちろん痛みを伴う炎症もあります。

ただ、アトピーなどもそうなんですけどこれも肌が炎症を起こしている状態で自分でも気にしないうちに炎症を起こしている部分をかゆくてかいてしまいます。

この状態になるとヒスタミンというかゆみ物質が分泌されてさらにかゆみをひどくしてしまうんです。

まさに負のスパイラルですね^^;

これと同じことが赤いシミでも起こってしまっているんですね。

ましてや顔に出来ている炎症は自分でも気づかないうちに刺激しまっている可能性大なんです!!

たとえば、洗顔とか上着を脱ぐときにこすれてしまっているとか。

でも、これらの行為は日常避けられないものなので、まずするべきなのはかゆみの原因、炎症を抑える事にあります!!

炎症を抑えるために必要なことはたった2つだけ。

・肌を保湿して乾燥を防ぐこと

・炎症おさえる美容成分でスキンケアする事

この2つのことをするだけでなるべく早くかゆみやシミを改善する事が出来ますよ!!

これにぴったりのコスメをご紹介するのでぜひ、参考にしてみてください^^b

炎症を抑えながらシミのケアもできるコスメはこれ!!

サエル

 

>>サエルの公式HPはコチラから

サエルには炎症を抑える、ビタミンc誘導体やコウキエキスが配合されています。

さらにセラミドなどの保湿成分も配合されているのでより早く炎症を鎮める事ができます^^

~サエルはこんな人に特におすすめ♪~

・最近、肌のカサカサもひどい
・今まで化粧品で肌が荒れた事がある
・なるべく早くかゆみをなんとかしたい
・人目が気になるから目立つシミを早くなんとかしたい

 

>>サエルの公式HPはコチラから

脂漏性湿疹

脂漏性皮膚炎の原因は、カビの一種であるマラセチア真菌だとされています。

肉眼では見えませんが、誰でも皮膚には常在菌として最近を保有しています。菌と言っても悪い物ではなく、お肌を弱酸性に保ち外部の菌から守ってくれる大切な存在です。

しかし、生活習慣や食生活、ホルモンバランスの乱れやストレス、皮脂の貯留などにより常在菌がバランスを崩し増殖してしまうことがあります。

するとマラセチアが出した老廃物が皮膚を刺激し、赤みとかゆみを伴う湿疹が引き起こされます。

症状がニキビと良く似ていますが治療法は違うため要注意!ケアをしても一向に良くならないニキビは、もしかすると脂漏性湿疹の可能性もあります。

脂漏性湿疹は、顔だけではなく頭や耳にも出来やすく、特に頭では皮膚が剥がれてフケの症状となって現れることもあります。

肌の湿疹とフケが同時に見られる場合、脂漏性湿疹の可能性が高いです。

乳児期と思春期以降の成人に見られ、成人の場合は慢性化してしまうケースが多く、なかなか完治が難しい皮膚病です。

脂漏性湿疹の治し方

2016-08-08_210556脂漏性皮膚炎の主な治療には、マラセチアを抑制する抗真菌外用薬などの菌の増殖を抑える塗り薬が使用されます。

赤みやかゆみなどの炎症がひどい場合は、ステロイド外用薬を処方されることもありますが、効き目は高いですが副作用の恐れもあるため、長期の使用には適しません。

また、ビタミンB群の欠乏が症状を進行させるため、ビタミン剤を内服する場合もあります。

早く治すためには、薬に頼った治療だけでなく、生活の改善や適切なスキンケアをすることが大切です。

脂漏性湿疹の原因菌であるマラセチアは皮脂を好むため油っぽい食事や、刺激の強い食品(コーヒー、アルコール、香辛料など)は避けましょう。

皮膚を健康に保つ作用をもつビタミンB群(レバー、しじみ、納豆、しいたけなど)や、保湿を助けるビタミンC(パプリカ、パセリ、レモン、かきなど)を多く含む食品をすすんで取るようにしたり、十分な睡眠を取り規則正しい生活を心がけることが大切です。

お肌を清潔に保つことも大切ですが、洗い過ぎたり、かゆいからといってこすってしまうと悪化してしまいます!刺激の少ないせっけんで丁寧に洗うようにしましょう。

かぶれ

2016-08-08_210732顔のかぶれは、お肌のアレルギー反応!主な原因は外部からの刺激によるもので、紫外線のダメージや化学物質、毒性をもつ虫、化粧品やシャンプー歯磨き粉の場合もあります。

新しく使いはじめた化粧品だけでなく、今までずっと使ってきた化粧品やシャンプーなどが突然お肌に合わなくなり、かぶれを引き起こすことも少なくありません。

こういった症状がでた時は、すぐに使用をやめて皮膚科の医師に相談しましょう。

かぶれの治し方

かぶれがでた時は、まず原因と疑われる化粧品やシャンプーなどの使用を中止して、早めに皮膚科を受診することが一番です。

対処が遅れると、全身に広がってしまう可能性もあるので、症状がひどく心配な場合はアレルギー科のある病院で診てもらうようにしましょう。

花粉症皮膚炎

鼻や頬、額にかゆみや赤み、湿疹などの症状が見られるのが花粉症皮膚炎。ひどくなると赤く腫れてしまうこともあります。

肌に花粉が付着することで炎症がおこります。

花粉症の人も、くしゃみや目のかゆみなどの花粉症の症状がないひとにも、花粉症皮膚炎がでてしまう可能性があるんです。

花粉のシーズンは紫外線が強くなる上に空気が乾燥し、お肌にとっては厳しいシーズン。また、気温の寒暖差も大きく自律神経が乱れやすい季節なんです。

参考記事>>季節の変わり目に顔がかゆくなる原因と対処方法について

この2つの刺激により、お肌のバリア機能が低下して、花粉の刺激からお肌を守りきれず炎症を起こしてしまいます。これが最近よく耳にする花粉症皮膚炎です。

花粉症皮膚炎の治し方

お肌が炎症を起こしてしまってからのセルフケアはとってもハイリスク!まずは皮膚科を受診して医師の意見を聞きましょう。

予防策としては、優しい基礎化粧品を使用することが効果的。お肌にとって過酷な花粉シーズンは、できるだけ刺激の少ない基礎化粧品を使い、お肌をいたわるようにしましょう。

また、メイクは最低限に!皮脂を落とし過ぎてしまうクレンジングも避けた方が良いでしょう。

充分な睡眠や栄養バランスのとれた食生活も、肌のターンオーバーを助け、皮膚炎を予防してくれますよ。

まとめ

ある日突然発症してしまう、顔の湿疹。焦らずに適切な対処をすることが大切です。

まずは毎日の生活習慣を見直して、美しいお肌をキープするために規則正しく健康的なリズムを心がけてください。

赤みやかゆみがでてしまった時は、放置したり自己判断で処置したりせず、早めにケアしましょう。

※保湿とシミケアは同時に出来る!!おすすめはこちら↓

>>サエルの公式HPはコチラから

黒いシミができる理由とそのかゆみの対処方法

顔に出来たシミがかゆい…!

シミが出来ただけでもショックなのに、かゆみを伴うと一日中憂鬱ですよね。

しかし、もともとあったシミが突然かゆくなってしまうことは少なくはなく、40代以降は特に発症しやすいと言われています。

シミにかゆみを感じたら要注意!一時的な物だろうと放っておくと、悪化して手術が必要になってしまったり、実は皮膚がんだった!なんというケースもあるんです。

一体何が原因なのでしょうか。知っておくべきシミのかゆみと対処法をまとめてみました。

>>シミを治す化粧品ランキングはこちら

シミがかゆくなる原因って何?

2016-04-29_133207シミがかゆくなる主な原因として、乾燥と脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)が考えられます。

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

乾燥

肌は乾燥すると、肌の水分量を保つ役割を担う表皮の角質層の構造が崩れてしまいます。するとバリア機能が低下し、外からの刺激に弱い状態になります。

普段は何ともなかった刺激にも敏感に反応するようになってしまい、かゆみや痛みなどの炎症を引き起こしてしまうのです。

この時に、肌が乾燥しているからといって化粧水をたくさんつけたりパックをしてしまうと刺激となり、かえって症状を悪化させてしまうこともあるので要注意!

かゆみがでるということはお肌が弱っているサインです。出来るだけお肌に刺激を与えないようにして、回復を待つことが大切です。

>>シミを治す化粧品ランキングはこちら

脂漏性角化症

紫外線の蓄積などによってできた老人性色素斑が脂漏性角化症に変化して、かゆみを引き起こす場合があります。

老人性色素斑とは、紫外線を浴び続けることで作られたメラミン色素が排出しきれずに肌に沈着してしまうことでできるシミのこと。

適切なスキンケアをせずに、この老人性色素斑を放置してしまうと、皮膚が盛り上がったりかゆみを伴ったりして、脂漏性角化症を引き起こしてしまうことがあります。

黒いシミがかゆくなるのは脂漏性角化症の可能性が高い

黒いシミである老人性色素斑にかゆみを感じだしたら、脂漏性角化症をまず疑いましょう!皮膚が少し盛り上がってきたり、表面が少しザラザラしてくることもあります。

しかし、これと似た症状にメラノーマと呼ばれる皮膚がんもあるので注意が必要です。これは悪性黒色腫という悪性な皮膚がんの一種で、進行が早いため発見が遅れると大変なことになりかねません。

他にも日光角化症という皮膚がんの前の段階の病変も、似たような症状が現れます。この日光角化症えお放置しておくと、他の細胞へ移行する可能性もあり適切な治療が必要です。

シミにかゆみがでた場合、脂漏性角化症である可能性が高いですが、気になる場合は自己判断して誤った治療を始めてしまう前に、まずは皮膚科を受診し医師に相談しましょう。

脂漏性角化症って何?

脂漏性角化症は別名を老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、老人性いぼとも呼ばれる皮膚の良性腫瘍の一つです。

良性のため、すぐに取り除く必要はありませんが、自然に消えることはありません。

症状が進むと、かゆみが出始めたり皮膚が盛り上がったり、指で触るとぽろぽろとはがれ落ちて来ることもあります。

さらに、徐々に大きくなっていくこともあるので、早めの対処したほうが良いでしょう。

脂漏性角化症の一番の原因は加齢と遺伝的な要因です。

40代以降から出来はじめると言われていますが、最近では20代でもこの脂漏性角化症に悩まされている女性も多いそうです。

また、過度のストレスやホルモンバランスの乱れ、紫外線や摩擦などの外部からの刺激をきっかけに発症することもあるそう。日々の体調管理やスキンケアが一番の予防策です。

脂漏性角化症の治し方

脂漏性角化症の主な治療法はレーザー治療や冷凍療法で、皮膚科や美容外科で治療が出来ます。大きくなり過ぎた腫瘍には、手術が必要なケースもあります。

>>シミを治す化粧品ランキングはこちら

レーザー治療

顔に出来てしまった脂漏性角化症には、レーザー治療が有効とされています。

レーザーを照射して腫瘍を切除する方法ですが、保険が適応されず、しばらくの間傷跡が残ってしまうのが難点。傷跡は時間とともに自然と消えていき、きれいなお肌にもどります。

凍結療法

液体窒素を用いて患部を凍結させる方法です。

治療後は一週間ほどかけて、かさぶたのように腫瘍が剥がれ落ちていきます。この治療を数回繰り返しながら取り除いていくため、時間はかかりますがコストも低く、安全な治療法です。

まとめ

脂漏性角化症は、すでに出来てしまったシミが変化したもの。

紫外線対策やスキンケアをしっかりとして、シミを作らないように心がけるのはもちろん、すでに出来てしまったシミも脂漏性角化症に発展させないようにすることが大切です。

良性の皮膚腫瘍ですが、対処が早ければ早いほど治療も早くすみ、きれいなお肌を取り戻すことが出来ます。

いつまでも美しいお肌を試すためにも、少しでもシミにかゆみを感じたら、放置せずに早めに皮膚科を受診して治療を始めるようにしましょう!

>>シミを治す化粧品ランキングはこちら

肝斑に効果があるといわれている漢方3選を紹介!!

30代に突入すると気になりだすのがシミ。年々変わっていく自分のお肌に悩みを抱える女性は多いはずです。

そのなかなか治りにくいシミは、もしかすると肝斑の可能性も…。

肝斑とは、顔の目の周囲から頬の両側にかけてできる、化粧でも隠しにくく治りにくいシミの一種です。

30代~40代の女性に多くみられ、誰にでも発症の可能性のある肝斑。

その一番の原因とされるのが、ホルモンバランスの乱れ!紫外線が原因で出来るシミと違い、美白化粧品やUV対策、レーザー治療では治りません。

そこで注目したいのが漢方薬!

漢方薬とは自然由来の生薬を組み合わせ、症状にあわせて調合したものです。

生薬の力で身体全体の状態を整え、治癒力を高める事で症状を改善していきます。

即効性はありませんが、天然成分の生薬で構成されたものなので、副作用が少なく身体に優しい薬です。

「お肌は内蔵の鏡」という言葉をご存知でしょうか?

表面的なケアをどんなにきちんとしたとしても、内側の問題が解決されなければ、なかなかお肌の状態は改善されません。

まずは身体の調子とホルモンバランスを整える事が、肌トラブル解消への一番の近道!漢方薬の力を借りてみましょう。

肝斑に効果があるといわれている漢方3選

2016-04-29_133312身体に優しい薬だと言う事は知っていても、あまりなじみのない漢方薬。調べてみても難しい漢字が並び、どう読めば良いのかもわからないものばかり…。

そこで今回は、肝斑に効果的だとされる漢方薬3つをご紹介します。

当帰芍薬散料(トウキキャクサンリョウ)

血の巡りを良くして身体をあたため、ホルモンバランスを整えていく漢方薬です。女性の聖薬とも呼ばれています。

身体をあたためる当帰(トウキ)や川きゅう(センキュウ)をはじめ、6種類の生薬からなります。

血行を良くするので、むくみや肩こり、冷え性も同時に改善できます。

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

10種類の生薬からなり、血液の循環をよくしたり、上半身の緊張をほぐしたりして、身体をあたためます。

ホルモンバランスの調整に効果的で、イライラや疲れを和らげてくれます。また、余分な水分を排出したり、便秘を改善する効果もあります。

桂枝茯苓丸料加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンリョウカヨクイニン)

6種類の生薬を組み合わせ、血行を良くして身体の熱のバランスを整えていきます。

桃仁(トウニン)の冷えを改善する効果や、茯苓(ブクリョウ)の気持ちを落ち着ける働き等の相乗効果で、ホルモンバランスを整えます。

どれも女性にとって嬉しい効能ばかり。

これらの漢方薬は身体の巡りを良くしてくれるので、自己治癒力が高まり、お肌だけではなく体調も改善されて一石二鳥!自律神経のバランスも整えてくれるので、心身ともに健康へ導きます。

漢方はどれも効果を実感できるまで時間がかかる

漢方薬は症状に直接作用する西洋薬とは違い、本来身体のもつ機能を高めて体質を改善することで、症状を抑えていく物です。

西洋薬には即効性がありますが、薬がきれるともとの状態に戻ってしまいます。

漢方薬の場合は、その症状に対抗する力を自分の中から引き出すものなので、体質が改善されるまでの時間を要しますが、確実に調子を整えてくれる薬です。

途中で投げ出さず、じっくりと身体に向き合う事が大切です。

ハイドロキノン・トレチノインを使った方が早く効果を実感できる

ホルモンバランスの改善には時間が必要…という事をわかっていても、お肌のトラブルは女性にとって大きな問題。

出来る事なら早く治したいですよね。

そんな時に頼りになるのが、ハイドロキノン・トレチノン。

参考記事>>炎症性色素沈着はハイドロキノン配合の美白化粧品で消えるの?

ハイドロキノンはアメリカなどで、シミやニキビの治療薬として使用されている薬で、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑える作用があります。

既に出来てしまったシミにも、シミの予防にも効果があるとされ、注目されている薬です。

また、トレチノインには皮膚の細胞分裂を促し、表皮のメラニン色素を外に押し出す働きがあり、ハイドロキノンと併用するとより高い効果を発揮すると言われています。

この二つの薬を使用する事で、早く効果を実感できますが、使用法を誤ると逆にシミを作ってしまう事も…肌に合わない場合は、すぐに使用を中止し医師に相談しましょう。

参考記事>>ハイドロキノンの副作用~白斑を回避するためには?

まとめ

老けて見えたり、不健康に見えたり、気分が落ち込んだり…女性にとって肌トラブルは大きなストレスですよね。

そのストレスがまた、ホルモンバランスを崩し悪化してしまうという悪循環にもはまりかねません。

いつまでも美しい肌でいるために、まずはホルモンバランス、体質の改善が重要。自分に合った方法を見つけてケアしていくことが大切です。

その方法の一つに漢方薬という選択肢があります。

漢方薬でじっくりと時間をかけて改善された体質は、肝斑だけでなくあらゆるバランスを整え健康的な身体をキープしてくれるので、おすすめのケア方法です。

早ければ2週間ほどで、少しずつ効果が実感できるはず!これを機に一度試してみてはいかがでしょうか。

肝斑とシミの違いって?これって同じものなの?

最近テレビのCMや雑誌でも良く耳にする肝斑ですが、「肝斑って何?」という質問にあなたはきちんと答える事が出来ますか?

肝斑という言葉は知っていても、具体的にどんな症状なのか詳しく知らない人も多いはず。

しかし、30代を過ぎれば誰にでも発症する可能性があるのが、この肝斑。ある日突然出来てしまった…なんてことも少なくありません。

毎日きちんとケアをしていても、肝斑が出来てしまう事もあるんです。決して人ごとではありませんよ!

肝斑は一般的なシミと違い治りづらい上に、間違ったケアにより症状を悪化させてしまう事もある厄介なシミの一種。

そのため、正しい対処法と原因を知っておく事が重要です。

今回は全ての女性が知っておくべき、肝斑とシミの違いと対処法をまとめてみました。

肝斑とシミのはっきりとした判別は実は難しい

2016-04-29_132719肝斑とは女性ホルモンのバランスが崩れる事により、表皮の細胞にメラミン色素が作り出され、ぼんやりとしたシミが頬骨あたりに現れる症状の事。

一般のシミと見分ける事は難しく、間違ったケアにより、シミが濃くなってしまったという話も良く耳にします。

正しく肝斑を理解して、適切なケアを選択しましょう!

左右対称にあらわれる

肝斑の特徴は、ほほ骨や口の周りに左右対称性に現れることです。ほほ骨にそって目の周りをさけるように広い範囲に症状が見られます。

薄い褐色がもやっとひとがる

一般的なシミと違って、肝斑は頬の下にぼんやりと広がり、はっきりとした輪郭を持ちません。色は薄い褐色で顔のトーンを下げてしまい暗い印象に…。

30代~40代に発症

肝斑の主な原因は、女性ホルモンのバランスの乱れ。

そのため年齢的な要因だけではなく、生活の極端な変化やストレス、不規則な生活習慣などもホルモンのバランスを崩し、肝斑が発生しやすくしてしまいます。

シミの濃さが変わる

女性ホルモンに大きく影響を受ける肝斑は、季節や体調によってシミの濃さが変化することも特徴です。

そのため、シミが出来てしまったストレスがさらに症状を悪化させてしまう事もあるそうです。

女性ホルモンが大きく変化する生理前にシミが濃くなったり、妊娠や出産を機に肝斑が出来てしまうこともあります。

また、経口避妊薬(ピル)の使用が肝斑を引き起こすケースも多く、肝斑の一つの原因とされています。

肝斑とシミの4つの具体的な違いを挙げてみましたが、わかっていてもなかなか見分ける事は難しいものです。

一口にシミといっても、原因も種類もさまざま。専門家でも見分けるのが難しいされるケースもあるようです。

判断がつかない場合は、自分の判断だけで治療や対策を始める前に、まずは皮膚科の医師に相談しましょう。

注意!!肝斑とシミは対処方法が違う

一般的なシミの原因は、紫外線によるもの。皮膚は日差しを浴びると、細胞を酸化させてしまう紫外線からお肌を守るために、メラミン色素を作り出します。

ここで発生したメラミン色素は、お肌の新陳代謝によってやがてはがれ落ちて行きますが、この機能が低下するとメラミン色素が皮膚に沈着してシミとなってお肌に現れます。

主な原因が紫外線であるため、UVケアや適切なアフターケア、冷却や保湿が有効です。

参考記事>>実はキケン!?ニベア(青缶)は日焼け止めに使えない

一方、肝斑の主な原因は女性ホルモンの乱れだとされています。

いくらUVケアや美白ケアをきちんとしてたとしても、女性なら誰しもに発症する可能性があり、一般的なシミのケアを行っても改善されません。

肝斑の有効な対処法としては、ハイドロキノンやトレチノンの外用療法、トラネキサム酸や漢方薬などの薬の内服。

トラネキサム酸とは色素の沈着を抑制する効果をもつ有効成分で、内服する事で直接表皮のメラノサイトに作用し、一般的な肝斑の治療薬として広く知られています。

また、一般的なシミにはとても効果の高いレーザー治療も肝斑には効きづらく、レーザーをあてる事によって色素沈着が強くなり、かえって症状を悪化させてしまったという例も少なくありません。

このように肝斑とシミでは、原因も対処法も違います。普通のシミだと勘違いして治療を始めるといたい目を見る事になりかねません。

注意が必要ですね。

1度皮膚科などで診てもらうほうが安心

いかがでしたか?肝斑とシミの違いについてまとめてみましたが、上に挙げたような例に当
てはまらないケースもあり、人によって症状は様々。

これは肝斑だ!と一概には言えません。

間違ったケアによって悪化してしまう恐れがあるので、気になるシミが現れた時には、自分の判断だけで対処せずに、一度皮膚を受診し医師に相談をしてもらう方が安心です。

30代に突入したら知っておくべき肝斑の原因と対処法。一番の予防策は、規則正しくストレスをためない生活を心がけ、ホルモンバランスを整える事です。

お肌のくすみやシミが気になりはじめたら、まずは日々の生活を一度見直すところから始めてみてはいかがでしょうか。

参考記事>>黒いシミができる理由とそのかゆみの対処方法

ニキビ跡を消すために!!ピーリングで効果的に治す方法

ニキビ跡を気にする人は、もともと敏感肌だった人が、ここにきてニキビが治りづらくなって跡が残るようになったと意識している人が多いようです。

ニキビ跡は、肌に出来た炎症だったり、傷だったり、色素沈着によるシミだったりします。これらのニキビ跡は、なかなか治りづらいので、見るだけでへこんでしまいます。

ニキビ跡の改善は、長期に渡り、正しい方法で治療をし食生活や生活習慣を見直すことが大切です。

しかも最近では、いろいろなスキンケア用品やピーリングの技術、レーザー治療等があり、大抵のニキビ跡は直るようになってきました。

ではどのようにすればいいのでしょうか。それは、ニキビ跡の種類にもよります。

スキンケアで保湿をしっかりと行い、ターンオーバーを正常化すれば、治っていくものもあれば、レーザー治療をほどこさなければ治らないものもあります。

ここでは、よくみかける色素沈着によりシミになってしまったニキビ跡に焦点を当ててみましょう。

ニキビ跡はピーリングだけで消すのは難しい

2016-04-29_132844色素沈着によりシミになってしまったニキビ跡は、紫色っぽい跡と茶色の跡の2種類があります。

紫色の色素沈着が見られる場合は、ニキビができて、それが炎症をおこし、炎症の際に毛穴周辺の毛細血管が破裂しています。

茶色の色素沈着が見られる場合は、ニキビができることでメラニンが大量につくられシミになっています。

色素沈着タイプのニキビ跡は、セルフケアで薄くすることができます。

まずは、正しい洗顔をし、化粧水、乳液、美容液で肌を整えます。化粧水や美容液にはビタミンC誘導体が、乳液には保湿剤が入っているといいですね。

さらに、茶色の色素沈着が見られるニキビ跡には、ピーリングでのケアを追加すると効果的です。

ピーリングのやり過ぎは厳禁!!多くても週に2回まで

ピーリングは、肌の表面に残った古くなった角質を、ピーリング剤を使って無理やり剥がしてしまうという方法です。角質ケアのひとつになります。

この方法が、茶色の色素沈着が見られるニキビ跡に効果的なのには理由があります。

もともと茶色の色素沈着が見られるニキビ跡は、自然のままにターンオーバーで治そうとすると、2,3年ほどかかります。しかも、その間に日焼けなどをしてしまうと消えにくくなるのです。

そこで、ピーリングの登場です。速効性のあるピーリングを使うことでで、その時間短縮ができます。

ピーリング剤には、角質を擦ってポロポロ落とすゴマージュやスクラブ、シート状の拭き取るタイプ、クリームやジェル状の洗い流すタイプなどさまざまな種類があります。

この中でも酸度の強いものは、やけどのようになって肌を逆にいためてしまうので、トラブルが少ない弱めのものがいいですね。

そして、その頻度は、1週間に1回がベストです。多くても2度程度で抑えるようにしましょう。

ピーリングと合わせて美白美容液を使うと良いです

ピーリングでスキンケアをした後に気を付けることは、保湿です。

肌の表面の角質を無理やり剥がしてしまったのですから、しっかりとスキンケアでいたわってあげましょう。

セラミドやヒアルロン酸など、保湿成分はいろいろありますが、大切なことはしっかりと保湿をしてあげることです。

さらにここで、美白美容液を使うとバランスの良いスキンケアができます。

参考記事>>シミを消す!!おすすめの美容液5選

美白化粧品のニキビ跡に対する効果

ニキビ跡が残ってしまう原因になっているのは、ヘモグロビンとメラニンという2種類の色素です。

ヘモグロビンは、血液中の赤血球に含まれる赤い色素ですね。

炎症性のニキビでは、肌の深い部分まで傷ついています。毛細血管から出血して色素がまわりの組織ににじみ出て、そとからみたらニキビ跡になっているのですね。

これが、次第にあのシミの元である、メラニンに変わっていきます。

メラニンは、外部刺激から肌を守るための色素なのですが、ニキビが炎症を起こすと、お肌を守ろうとして大量に作られてしまいます。

ニキビが治ったあと、普段ならその跡もターンオーバーで少しずつ皮膚の外側に押し出され、最後には角質と一緒にはがれおちていくのですが、が色素沈着が起きていると、肌がニキビの炎症でダメージを受けているので、ターンオーバーが正常に働かず、結果、ニキビ跡として残ってしまいます。

そこで、シミと同じように美白化粧品で、ターンオーバーの正常化を助け、メラニンを薄くするのです。

ビタミンC誘導体を配合した美白化粧品がおすすめです

では、美白化粧品として配合してほしい成分はなんでしょうか。やはりビタミンC誘導体です。

ニキビ跡の赤みや色素沈着の予防、紫外線によるシミを防ぐ美白など美肌効果が高くなります。

ビタミンCは、美白効果が高い成分ですが、安定性が低く、肌に浸透しにくいと言う欠点があります。そのため、ビタミンCをそのまま美容液に入れることは難しいのです。

そこで、ビタミンC誘導体の登場です。 ビタミンC誘導体によってしっかりと肌に成分を浸透させ、肌のターンオーバーを助け、ニキビ跡を薄くしていきます。

今では、多くのビタミンC誘導体入りの化粧品があります。たっぷりと使って、肌をホワイトニングしていきましょう。

美白化粧品は、ニキビ跡だけでなく、シミやくすみも改善してくれますので、肌に透明感とハリがよみがえってきます。

重度のニキビ跡はセルフケアで消すことは難しい

クレーター状の陥没が残っているようなニキビ跡は、セルフケアでの改善は大変時間がかかるだけでなく、効果もでてきません。

このような場合は、美容皮膚科などでの治療を行うほうが効果的です。

皮膚科での治療方法には、ケミカルピーリング、フラクセルレーザー、フォトフェイシャル、FGF治療、培養表皮移植などがあります。

軽度であれば、ケミカルピーリングで改善することができますが、重度の場合は、レーザー等ほかの治療方法を選ぶことになります。

ケミカルピーリングでニキビ跡は消せるの?

2015-10-13_211435クレーターを治したいと切望している人は多いですよね。

ピーリングと聞くとちょっと怖いけどクレーターが治るのであれば試したいという人も多いと思います。

私は、赤い色素沈着が顔に沢山出来ているのでそれを治したいですがなかなか思い切れずにいます。

ケミカルピーリングでちゃんとニキビ跡が消せるんでしょうか。

ニキビの跡と言えば、色素沈着を起こして赤くなったり黒ずんだりしたものから肌がぼこぼこのクレーターまであります。

ピーリングは、色素沈着にはかなり効果があります。

クレーターはその程度にもより個人差がありますがかなり改善できるようです。

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは、グリコール酸やフルーツ酸などの薬剤を使って肌の表面の硬くなった角質を無理やりはがし肌の自然治癒力を上げて肌を整えるという方法です。

普段なら28日かかるターンオーバーを早めて改善していくので肌表面の凸凹や色素沈着は改善されます。

ニキビ跡が色素沈着だけだったら濃度も薄めの酸を使いますがクレーターであれば濃いものでないと効果も出ません。

なかなか自宅で濃度の濃いものは使えないので医療機関で治療をする必要があります。

どのニキビにも効果があるの?

濃度が濃いものを使えば効果はありますがその分肌の負担がかなりかかるので保湿などのケアを徹底的に行う必要があります。

また、クレーターが奥深い人は、肌の表面だけでは改善されないのでケミカルピーリングも効果がありません。

その場合は、レーザー治療を行う必要が出てきます。

レーザー治療で特に注目されているのが凹んだ肌にFGF(線維芽細胞増殖因子)というものを注射する治療でかなりの効果が期待できます。

ピーリングは自宅でも利用でき、色素沈着や軽いデコボコには効果が期待できそうですがクレーターなど深い跡は医療機関で何が適切かを相談しながら治療していくことが大切だと言えますね。

ケミカルピーリングの失敗例を紹介

失敗例:ケミカルピーリングを6回したらさらにニキビがひどくなった

20代の女性の他の例では、脂性と乾燥肌の混合肌のニキビ跡に悩む女性がケミカルピーリングを6回試したところ、さらにニキビはひどくなり乾燥肌が悪化してずっと敏感肌になってしまった。という報告例もあります。

ピーリングは表面をすべてはがすので肌の表面で潤いを保護する機能も失われています。

そのため、かなりたっぷりの保湿を行わないといけないのですがそれを怠っていると肌の表面が壊れ、肌の外から色々な菌やアレルゲンが入り込むことになり乾燥や敏感肌に悩まされることになります。

失敗例:ケミカルピーリングで後遺症が残ったイギリスの女性

ツルツルの肌を目指してピーリングを行ってイギリスの女性が警笛を鳴らします。

女性は、施術後15分で顔がどんどん膨れ上がりパンパンに張れて呼吸困難などの症状を起こしてしまいます。

3か月たった後でも、肌に跡が残ったままでガンのリスクもあるとのこと。

治療を続けても治らない傷かもしれないというとで女性は相当ショックを受けているそう。

この女性は急性のアレルギー症状を起こしてしまったのかもしれません。一歩間違えば命の危険があったかもしれません。

やはり、アレルギーテスト、パッチテストがいかに重要であるかということがいえますよね。

ピーリング後の処置方法やどのような副作用があるかなど良く理解して、安全に施術を受けるようにしましょう。

まとめ

セルフケアでピーリングするとすぐには、治らないかもしれませんが、じっくりと構えればいずれ、ニキビ跡が目立たない肌になっていきます。

あきらめずに頑張りましょう!!