くまの種類別の治し方とは? くまを作らない生活も紹介

茶くまの原因は何だと思いますか?それは紫外線なのですが、実は、紫外線はとても恐ろしい物なんですよ!

何と、紫外線は肌組織を破壊してしまうのです!紫外線に当たってもただ日焼けするだけだと思っていた人には、衝撃の事実ですよね。

肌組織もコラーゲンも破壊された肌にはメラニンが色素沈着し、茶くまになります。

茶ぐまを治す方法

2016-06-10_142803

メラニンの色素沈着を分解することで、茶くまは治るのです。

そのために有効なのは、美白化粧品です。美白の化粧品をイオン化することで、茶くまの原因になっているメラニンまで届くのです。

もちろん、一度や二度では効果は出ないので、何度も繰り返す必要があります。この治療法を何度も繰り返すうちに、茶くまが薄くなってくるのが実感できると思います。

青ぐまを治す方法

青くまの原因は血行不良により起こります。いわゆる、うっ血です。

血行不良により肌が酸欠状態になるため、青いくまになります。ですから、目の周りを温かいタオルで温めると良いでしょう。

パソコンを長時間使う人や睡眠不足でストレスが溜まっている人も、目が疲れて血行不良になりやすいです。

ですから、睡眠不足にならない様に十分に睡眠を取りましょう。

特に、22時から深夜2時までは、お肌が修復されるゴールデンタイムです。ですから、この時間に熟睡する習慣をつけると、お肌の修復はバッチリです!

黒ぐまを治す方法

加齢等で目の下がくぼんだり凸凹になったり、また、小じわができたりすることがあります。この部分に脂肪が溜まって影ができることで、黒くまになるのです。

この黒くまを治すためには、溜まった脂肪を流す必要があります。そのためには、目の周りを手で優しくぐるぐるとマッサージをします。すると、脂肪が流れて、目の下の凹凸がなくなっていくのです。

これは、とても簡単な方法なので、いつでもだれでもできますね。

テレビを見ている時や家でくつろいでいる時などに、目の周りを優しく指で「ぐ~るぐ~る」とマッサージしてあげましょう。マッサージの習慣が付けば目の周りに脂肪が溜まることもなくなり、黒くまもできにくくなるはずです。

目の周りの血行不良も促進され、目の疲れも癒されますから、一石二鳥ですね!

まずは自分のくまタイプを認識して、それからケア!!

「自分のくまのタイプが、どのタイプなのかわからないわ」という人も多いと思います。自分のくまのタイプを見分けないと、対処することができませんよね。

でも、とっても簡単な見分け方があるんです。ここでは、その見分け方をご紹介しましょう。

1.目の下の皮膚を手で引っぱると、くまが薄れる「青くま」です。

2.眼球を上にすると、くまが薄れる「黒くま」です。

3.両方とも薄くならなかった「茶くま」です。

早速、やってみてください!

あなたのくまはどのタイプだったでしょうか?それぞれのタイプに合ったくま解消法を、ぜひお試しください。きっと、効果がでるはずです!

くまができやすい人ってどんな人?

くまができやすい人はどんな人だと思いますか?それは、次のような人なのです。

・睡眠不足の人
・長時間パソコンとにらめっこしている人
・長時間同じ体勢をキープして仕事をしている人
・ストレスが多い人
・肩こりが酷い人
・冷え性の人
・慢性的に頭痛に悩まされている人

このような人たちに共通しているのは、それぞれの症状のせいでストレスフルな生活を日常的に送っているということです。

日々の生活でストレスを感じている人は、お気を付けください!

くまを作らない生活、それはストレスレスな生活から!

ストレスを溜め込まない生活をすれば「くま」ができないということは、わかっているのだけれど、ストレス解消は難しいものですよね。

ここでは、毎日の生活の中でちょっとした工夫でストレスを解消できるコツをお教えします!

自分でできる簡単マッサージ

黒くまのところでもご紹介しましたが、目の周りをマッサージすることはストレスの解消にもなります。

特に、頭痛や肩こりに悩んでいる方、パソコンを長時間使ったり同じ体勢をキープし続けて仕事をしている方に有効です。

目の周りの筋肉は意外と凝るものです。ですから、目の横や周りを指でぐーっと押して優しくマッサージすることで、意外と目の疲れが取れますよ。

温パック

温かいおしぼりなどで目の周りを温パックすることで、目の周りの皮膚を温めて筋肉の緊張をほぐします。市販の温パックなども、おすすめです。

目の周りの緊張をほぐすことで、スッと肩こりや頭痛が解消されることもあります。ストレス解消にも、もちろんおすすめです。

アロマでリラックス

アロマ精油を枕に垂らしたりタオルに垂らしたタオルを鼻のあたりに置いたりして、アロマタイムを楽しむのも効果的です。

あなたのお気に入りのアロマを探して、リラックスタイムを楽しめば、きっとストレスも和らぎますよ。

ちょっとした工夫でストレスが解消されれば、目の下のくまもいつのまにかなくなってしまうはずです!ぜひ、お試しください!

まとめ

最後に、それぞれのくまのタイプを治す方法を、まとめます。自分のくまのタイプの対処法をぜひやってみてくださいね!

〈茶くまを治す方法〉

・美白化粧品を使用する

〈青くまを治す方法〉

・目の周りを温かいタオルで温める
・睡眠不足や ストレスを溜めない

〈黒くまの治し方〉

・目の周りをグルグル マッサージをする

目の下のクマを隠したいなら美白化粧品を使おう

目の下のクマって意外と目立ちますよね。

クマが濃いと顔色が冴えなく見えて、肌の色が暗いような印象を受けます。

目の下にクマができてしまう原因はいくつかありますが、紫外線が原因というよりもむしろ目をこすることにより摩擦が生じて色素沈着が起きてしまったり、疲れや睡眠不足、ストレスなどが原因で血行が悪くなってしまったためにできてしまうことがあります。

睡眠不足になるとクマができるとよく言いますが、このクマの原因は実は血行不良だったのです。

最近気になる目の下のクマの濃さ

2016-01-04_210323クマはあるだけでも嫌なものですが、そのクマがどんどん濃くなってしまったら困りますよね。

目の下はアイメイクなどを落とす時に汚れからくすみになりやすいパーツでもありますが、そんな目の下であるからこそ色が濃くなって目立つことは避けたいですよね。

一言で目の下にできるクマと言っても、実はタイプ別でその特徴は大きく異なってきます。

まずは、目の下のクマはなぜできるのか、その特徴をご説明します。

目の下にできるクマの特徴とは

クマができてしまう原因というのは、全てが同じである訳ではありません。

例えば、ストレスから血行不良が起こり目の下にクマができたり汚れなど、人によってクマができる原因は異なるのです。

まずは自分のクマタイプがどの種類のものであるかを確認してみましょう。

①青クマ

血行不良によるクマが、この青クマです。

青クマは睡眠不足や疲れ、ストレスなど誰がなってもおかしくないような理由で引き起こされます。

青クマが気になったら、まずは生活を規則正しいものへと変える努力をしてみてください。

②茶クマ

茶クマは色素沈着してしまった時にできるもので、紫外線や摩擦などの影響によって起こります。

茶クマを治すためには美白化粧品を使い、直接クマができた肌に浸透させてケアしていくことが大切です。

目の下のクマはこのように色タイプから、クマができてしまった原因をある程度特定することは可能です。

③黒クマ

黒クマは目の下のたるみや涙袋、目の下にできたくぼみなどによって起こるものです。

肌にくぼみがあるような時は肌がたるんでしまっているので、筋肉を鍛えることを意識してみてください。

美白化粧品で改善できるクマのタイプとは

クマにも美白化粧品を使うことによって改善できるタイプのものと、残念ながら美白化粧品では改善できないタイプのものがあります。

美白化粧品で改善できないタイプのクマがどういったものかというと、くぼみなどが原因の影がクマのように見えるようなものです。

くぼみの中でも元々のものが原因である場合もあるので、これを変えることは非常に難しいです。

美白化粧品ではなくメイクなどで影がクマに見えるのを目立たなくする工夫をするしかありません。

その反対で美白化粧品を使うと改善されるタイプのクマは、色素沈着でできてしまったクマです。

色素沈着はメラニン色素が定着してしまったために起こることが多いため、メラニン色素を薄くするような効果がある美白化粧品はとても効果が高いと言えます。

他にも、青クマにも美白化粧品は効きます。

青クマには美白化粧品を使うだけではあまり効果はないかもしれませんが、美白化粧品を使いながらマッサージをして血行促進すれば、筋肉がやわらかくなるとともに老廃物が押し出され、色が白くなるだけではなく、血行が良くなるなりクマも消えていきます。

目元ケアはいつするのがいいの?

こうした目の下のクマを美白化粧品で治すにはビタミンC誘導体等が配合されている商品を使うのが一番です。

化粧水などでしっかり潤してあげましょう。また、目元専用のUV美容液などを使ってスポットケアもお忘れなく。

そしてクマを消すためのケアは、就寝前に行うのがベストです。目を酷使する日中にケアを行っても、元の木阿弥です。

就寝前に美容液をつけ、ゆっくり眠ることで成分がしっかりシミのもとへ届きます。

疲れも緩和できるように、たっぷりとした睡眠時間の確保をしましょうね。

さらに、アイプチやつけまつげなどの接着剤が茶色いクマの原因となっていることもありますので本当に治したかったらアイメイクも卒業すべきです。

ハイドロキノンのクリームを使いたいという方もいますが目元に使うのはトラブルの原因となりますので絶対に使わないでくださいね。

>>目の下のくま・色素沈着を解消する為にあなたができること!(関連記事)

美白化粧品を使って美肌を目指そう

美白化粧品を使えば、肌の悩みが改善されて肌が整い、くすみやクマ、シミなども薄くなって肌がどんどん整っていきます。

いくら肌が綺麗でもクマがあればそこが気になってしまいますが、クマやくすみがない状態なら肌に透明感があるような印象を与えます。

美白化粧品を使えば、肌が白くなってエイジングの悩みやクマなどを綺麗に解消することができます。

クマが美白化粧品でも解消できるというのは少し意外なことかもしれませんが、クマの原因は寝不足や疲れだけではないからこそ、その色を消していくのに効果的なものを使うことで、肌が本来の色に戻りやすくなるのです。

目の下のクマがなくなれば、疲れたような印象もなくなります。

黒クマだから美白化粧品をしても意味がない、と思うような時でも実は複数のクマになる要因が絡んでいて、美白化粧品でクマが治る時もあります。

まずは、美白化粧品を使ってみてそのクマが美白化粧品で良くなるタイプのものなのかを確認してみてください。

その上で、美白化粧品で良くならないタイプのクマには他の方法を試していくようにしましょう。

美白化粧品を使ってみることがクマをなくし、美肌を作っていくために重要な役割を果たします。

クマだけでなく、シミやくすみを同時に薄くしていくことが可能なので、肌の透明感をアップさせることも可能ですよ。

美白化粧品で目の下を重点的にケアし、顔全体も美白していきましょう。

>>目の下のくま・色素沈着を解消する為にあなたができること!(関連記事)

目の下のくま・色素沈着を解消する為にあなたができること!

目の下にくまが出来ると疲れたように見えていやですよね。

くまって体質にもよるのでしょうか。くまが出やすい人とそうでない人がいるように思えませんか?

私は、案外くまが出やすいんですよね。ちょっと寝不足だと真っ黒です。風邪をひいた時なんて本当にひどいものです。

目の下に何故くまが出来るの?


2014-11-11_230813目の下のくまの原因って何でしょう?
疲れていると目の下だけ黒く見えるのは、このあたりの皮膚がとても薄くて血管が通っているのがわかりやすいからです。

目の周りはただでさえ1日何万回もまばたきをしたりコンピューターを長時間見たりとかなりの負担が与えられています。

そうした疲労やストレスが目の周りに影響しやすいのです。

血管が赤く見えるのは、ヘモグロビンという色素タンパクのせいですが酸素を多く含むと赤くなり、酸素をあまり含んでいないヘモグロビンは黒ずんだ茶色になります。

それが目のくまの原因なんですね。

この目のくまを治すには、血行を良くして肌に酸素が沢山いき渡るようにすることがとっても大切なんです。

寒い季節など血行が悪くなりやすいとさらに目のくまが強くなるという覚えありませんか?その他にも、目の下に色素沈着を起こして黒ずんでしまっている場合もあります。

私の場合は、疲れると目の下にくまが出来るので、血行不良かもしれないですね。色素沈着を起こしている感じではないです。

目の下のくまの解消法は?

目の下の血行をよくするには、目元専用のパックがとてもおすすめです。

目元用パックは眼に潤いを与えてくれるので乾燥から守り肌の負担を軽くしてくれるんですよ。

パックって普通目の周りは外しますけれど目元専用のパックというものも売られているので見逃している方は薬局で探してみてください。

普段から化粧水や乳液などでたっぷり保湿しましょう。また、目の下のくまの解消にはマッサージもとても有効です。

目の周りを内側から外側へ、外側から内側へ丁寧にマッサージをすることにより血行が良くなり目のくまも解消されます。

もちろんお風呂や体全体のマッサージも血行を良くしてくれるので目のくまには良いのですよ。

意外にも目のくまにはハンドクリームが効果的??

それから、ハンドクリームが意外に効果があるんです。

どうして?と思いますよね。手が冷えると体全体の冷えにつながるんですがクリームなどのオイルで手を覆ってあげると冷えが逃げにくいからなんです。