お肌のくすみに悩む乾燥肌女性のための洗顔方法とは?

お肌のトーンをぐっと暗くしてしまうくすみ。それだけで疲れた印象を与えてしまいます。

歳を重ねるごとに徐々に広がるくすみにお悩みの女性は多いはず。

実は、お肌のくすみは毎日の洗顔法を見直すだけで改善できるんです!

高い美白化粧品を使ってもくすみがなかなか改善しない人は、間違った洗顔方法のせいかも知れません。

「お肌のくすみに悩む乾燥肌女性のための洗顔方法とは?」の続きを読む…

日焼け跡を残さないためのアフターケア方法

日焼けは、文字の通り日に焼けると言う事です。太陽の光りが熱になります。

その熱が皮膚を焼いてしまいます。ちょうど フライパンの中で焼かれる食材みたいな原理です。

例えば 油分の多い ウィンナーみたいな食材は、フライパンの中で ジュワーっと焼ける感じと似てます。油分が多いほど早く焼けてすぐに焦げてしまします。それと似た状況が、皮膚に起こってます。

日焼けとは、フライパンの中で焼かれた食材みたいに焼ける事です。

皮膚からしたら火傷を負ってる事になります。火傷をした時の処置やケアをするのが望ましいと言えます。

火傷ですので冷却するのが一番です。

お風呂に入る時には、熱いお湯に入るより冷水風呂に入るのが良いです。少なくても日焼けをした所を部分的に冷水のシャワーで冷やすのも良いです。

アイスノンや 氷を入れた袋をタオルに巻いて冷やすのも良いです。

日焼け直後は、美容液等の化粧品を使用せず ひたすら冷やす事に専念するのが良いです。特に日焼けした当日は、炎症が悪化しない様に 熱いお湯のお風呂も控えた方が良いです。

「日焼け跡を残さないためのアフターケア方法」の続きを読む…

妊娠中はそばかすを治すのより隠す方が賢明です

そばかすができる人って美白美人なんですよ!

でも そばかすって気になっちゃうと言う人も多いですね。ましても妊娠中は、メラニンの生育が促進されて そばかすが増えてしまいます。

美白の化粧品を使って消すのも1つの方法ですが、成分が強すぎると赤ちゃんへの影響が良くありません。

美白の成分の中には、漂白成分が入ったのもあります。漂白成分って 皆さんが キッチンで ふきんを白くする薬剤や お洗濯で黄ばみや黒ずみを取る薬剤です。

布を白くする薬剤の成分を肌に塗ったら 勿論 早く美白を目指せます。背筋が 凍りそうですね。

可能なら フルーツや野菜を たくさん食べてビタミンを たくさん摂取して下さいね。

妊娠中は、特に自然や天然の物を意識した方が良いです。化粧品だけではなく 食べ物も オーガニック系をお勧めします。

そういう意味でも そばかすは、治すより隠す方が良いです。

「妊娠中はそばかすを治すのより隠す方が賢明です」の続きを読む…

お肌の赤みに効く化粧品と対処法をご紹介します!

なかなか治らないお肌の赤み…ファンデーションでごまかすにも限界があるし、かゆみや痛みを伴うこともあったり、多くの女性が悩まされる肌トラブルの1つです。

季節や気温に関係なく長続きする、その赤みは炎症のサインかも!?

生まれつき皮膚が薄く、血管の色が透けて肌を赤くしてしまっている場合もありますが、お肌の赤みのほとんどの原因は内部の炎症です。

そのうち治るでしょ…と放置してしまうと、炎症がひどくなったりシミになってしまう可能性も!

痛みやかゆみがなくても、なかなか治らない肌の赤みがある方は適切なケアを早めに行うことが大切です。

お肌の赤みの対処法とおすすめの化粧品をご紹介します。

肌の赤みの原因は炎症!!抗炎症作用のある化粧品が効く!!

2015-11-23_080543

赤みなどのお肌に現れる炎症は、皮膚炎や湿疹と呼ばれ、外からの刺激からお肌を守る免疫反応の1つです。

紫外線や化粧品、洗剤などの化学物質、細菌などの、お肌にとっての異物が皮膚内に侵入すると、免疫システムが働きます。

すると、炎症増悪タンパク質というからだの危険を知らせるタンパク質が増加し、赤みやかゆみなど、お肌の炎症を引き起こします。

こうした炎症は、お肌のバリア機能が低下して、外部からの刺激に弱い状態になっている時に起りやすいので、適切なスキンケアが予防と対策の重要なカギになります。

炎症が起きてしまったら、まずはお肌を落ち着かせて、徐々に正常な機能を取り戻していくことが重要。

そんなときに有効なのが、抗炎症作用のある化粧品です。化粧品に配合されている抗炎症成分のほとんどは、植物由来のもの。

ニキビの治療薬としても使える、肌にダメージを与えず症状を抑えてくれる化粧品です。

肌の赤みにはビタミンC誘導体を配合した化粧品がおすすめ

ビタミンC誘導体とは、そのままでは効果的に吸収しにくいビタミンCを、皮膚に浸透しやすい形に改良したものです。

角質層まで浸透し炎症を抑える作用をもち、即効性もある優秀な成分なんです!早く治したい方には、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品をおすすめします。

ビタミンC誘導体は、抗炎症効果の他にも、シミのもとであるメラニン色素が作られるのを抑制したり、コラーゲンの合成、毛穴の開きにも効果があり、厚生労働省も認めた美白に有効成分なんです。

人に勧めたい、4つのおすすめビタミンC誘導体配合化粧品

ビタミンC誘導体はメーカーの間でもかなり周知されている為、類似品は数多く存在します。

たくさんあると、その中でどれが本当にお肌に良いのか迷いますよね。そこで、おすすめのビタミンC誘導体を配合した化粧品をご紹介します!

サエル(ディセンシア)

※こちらは旧商品の情報です。

お肌に優しく、敏感肌の人から支持を集める化粧品がサエルです。

抗炎症作用のあるコウキやムラサキシキブ、アルニカの天然成分を配合。さらにヴァイタサイクルベールという角層の代わりになってくれる成分も配合されていて、外部の刺激をブロックしてくれます。

炎症を起こしてしまっている赤み肌に最適です。炎症を抑えながら、美白や保湿効果でお肌を整えてくれます。

ビーグレン(ビバリーグレン ラボラトリーズ)

2014-06-15_134305

Qsome(キューソーム)という独自の技術を使ったサイエンスコスメ。

なんとビタミンC誘導体など美容に良い成分を超微小カプセルに詰めて肌の奥で浸透させるテクノロジーで、国際特許もあります。

肌に優しいのに効果が高い、と口コミでも評判です。

サイクルプラス(ナリス)

2015-11-16_220732

肌への浸透力が高いAPPSを配合した化粧品です。

本来ビタミンC誘導体は水溶性か油溶性のどちらか一方の性質しか持たないのですが、APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)はどちらの効果も持っていますので、より深く肌の奥へとなじむことができます。

従来のビタミンC誘導体の数十倍もの効果があり、新生代のビタミンCと呼ばれるほど!お値段は少し高めですが評判の化粧品です。

リペアジェル(リソウ)

2016-05-21_232845

100%植物由来でどんなお肌にもやさしく、医学誌にも取り上げられた優秀コスメ。

ビタミンC誘導体を長く安定した状態で保ち、お肌の状態を改善していきます。

成分は100%植物由来なだけでなく、水や油分さえも使用しない100%美容成分の化粧品です。

4つの化粧品の中で1番使いやすいのはサエル

先ほどご紹介した4つの化粧品は、どれも高機能で使いやすいものなのですが、効果と価格などを総合的に見て一番おすすめなのは「サエル」です。

サエルは外部の刺激からお肌を守りつつ、抗炎症作用のある天然成分で炎症を沈めて健康的なお肌を導いてくれるのが特徴。

効果の割に価格も良心的なのでつづけやすいです。

また、敏感肌のひとも使いやすい安全性の高い成分なのもおすすめしたいポイント!化粧品選びに悩んだら、サエルを使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

長く続くお肌の赤み…それはお肌の炎症のサインかもしれません。

お肌に炎症が起きている時は、外部からのダメージを受けやすい状態。放っておくと、シミやシワなとの他のトラブルを引き起こしてしまう可能性も!

適切なケアをして、できるだけ早くお肌の状態を改善することが大切です。効果の高い化粧品の力を借りて、お肌の赤みをすばやく解消しましょう!

>>顔がかゆい!しかも赤いシミが!そんなときの対処法とは?

できてしまった妊娠線を消したい!!自宅でできるセルフケア方法

人生の一大イベントである出産を終えた女性の体は、子供を産む前に比べるといろいろなところに問題が起きているもの。

なかでも、伸びきったお腹が元に戻ってできた「妊娠線」は、嫌ですよね。

ここでは、できてしまった妊娠線を薄くするための、自宅でできるセルフケアの方法をお教えしましょう!

「できてしまった妊娠線を消したい!!自宅でできるセルフケア方法」の続きを読む…